サンタヤーナ(英語表記)George Santayana

百科事典マイペディアの解説

サンタヤーナ

スペイン出身の米国の哲学者,作家。ハーバード大学で哲学を学び,のち教授を務める。《美意識論》(1896年)に続いて,《理性の生命》(1905年―1906年)で生物学的自然主義を唱えた。ほかに《存在の王国》(1927年―1940年),自伝風小説《最後のピューリタン》(1936年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンタヤーナ【George Santayana】

1863‐1952
アメリカの哲学者で文人。哲学上の立場は批判的実在論に属する。マドリードに生まれ,8歳のときボストンに渡る。地中海的な古典とカトリシズムの世界からプロテスタンティズムの風土へ移住したことは,その精神形成に深い影響を与えた。1886年ハーバード大学を卒業,2年のドイツ留学の後,母校の正教授となる。《美意識論》(1896),《理性の生命》5巻(1905‐06)等を著し,生物学的自然が精神的現象の根底にあることを論じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンタヤーナ
さんたやーな
George Santayana
(1863―1952)

アメリカの哲学者。スペインに生まれ、9歳のときアメリカに移住。ドイツ留学を経て、1907~1912年まで母校ハーバード大学の教壇に立つ。第一次世界大戦を契機にヨーロッパに渡り、没するまでローマを中心に執筆活動を行った。批判的実在論から出発し、『存在の世界』4巻(1927~1940)で独自の哲学体系を形成した。そこでは、本質、物質、真理、精神の各領域が、人間認識の根底をなす動物的信念から解明されている。そのほか数多くの著作がアメリカで刊行され、ドイツ流観念論に対立する唯物論的自然主義と懐疑主義の色濃い思想が、その詩人的文章の魅力とともに、広範な影響をアメリカ社会に与えた。[香川知晶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android