コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・マルタ(読み)サンタマルタ

百科事典マイペディアの解説

サンタ・マルタ

コロンビア北部,カリブ海岸の港湾都市。19世紀末からユナイテッド・フルーツ社が生産するバナナの輸出港として発展。1525年創設。同国最古の都市の一つ。同市からヘリコプターで20分の山中に,1975年先住民の都市遺跡が発見され,〈失われた都市〉と呼ばれている。42万1703人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンタ・マルタ
さんたまるた
Santa Marta

南アメリカ北西部、コロンビア北部、カリブ海に面する都市。マグダレナ県の県都。人口37万4933(1999)。スペイン人がアンデス高原への前進基地として1525年に建設した町で、近代的なリゾート・ホテル群と18世紀植民地時代の建築物が対照をなす。付近で19世紀後半からカカオ、サトウキビ、バナナのプランテーションが開設され、世界的なバナナの積出し港となった。350年の歴史を有するバシリカ・メノール教会、シモン・ボリーバルが晩年を送った農園、郊外の野鳥獣保護区になっている大湿地帯などに観光客が集まる。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android