コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタ・クルス Santa Cruz

世界大百科事典 第2版の解説

サンタ・クルス【Santa Cruz】

ボリビア第2の都市で,東部低地に位置する。同名州の州都。人口76万7260(1993)。1561年スペイン人が建設し,住民はアンダルシアからの移民が多かった。気候は亜熱帯に属する。長く孤絶状態にあったが,1952年のボリビア革命以後は東部低地の開発の中心地となっている。70年以後は,石油,ガス開発により油田地帯として急速な発展をとげた。その一方では,1950年代以降高地からの国内移住が進み,日本人をはじめとする外国人の移住地が開かれるとともに,後背地での綿花,サトウキビ,米,大豆などの農産物の生産が増大し,農産物の集散地,加工地としての重要性も大きくなった。

サンタ・クルス【Andrés Santa Cruz】

1792‐1865
ボリビアの軍人,政治家。スペイン人を父,インカ王族の末裔を母としてラ・パスに生まれ,最初スペイン軍に加わったが,1820年サン・マルティンの率いる独立派に捕らえられ,独立派に転向した。エクアドル,ペルー,ボリビアの独立戦争を指導。26年から27年までボリーバルの下でペルー大統領の代理をつとめ,29年に任期10年のボリビア大統領に選ばれた。彼は強権をもってボリビアの政治・経済の停滞を立て直し,進歩的政策によって国の繁栄をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサンタ・クルスの言及

【ペルー・ボリビア連合】より

…1836年10月に宣言された南部および北部ペルーとボリビアからなる政治連合。S.ボリーバルの大連合の試みが挫折して以来もペルーとボリビアの統合の可能性はつねに残されていたが,リマにおけるカウディーリョの権力抗争のなかで,ボリビア大統領サンタ・クルスが,前年リマ政府を追われたオルベゴーソと同盟を結びボリビアの指導下に連邦を樹立した。しかし両国がいかに歴史的共通点を有していたとしても,連邦による中央アンデス全体への版図拡大は,とくにチリの安全にとって脅威であり,チリ政府はリマ政府との合意により軍隊を派遣,翌39年1月,リマの北ユンガイでガマラA.Gamarra(1785‐1841)らのペルー軍とともに連邦軍と衝突した。…

【ボリビア】より

…第2次大戦後の移住は53年に始まり,5800人にのぼる。サンタ・クルス州に集中し,3000人余りが米作を中心とする農業を行っている。アメリカ施政権期の沖縄から移住した人も多い。…

※「サンタ・クルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンタ・クルスの関連キーワードクリスティナ フェルナンデス・デ・キルチネルサンタ・クルス(スペイン領カナリア諸島)チキトスのイエズス会伝道施設群アルトゥーロ ペレス・レベルテラスパルマスデグランカナリアサンタクルスデモンポスサンタクルスデラシエラメディナ・シドニアカリフォルニア大学ロンサム・ジョージサンタクルス大聖堂ガラパゴス[諸島]アルヘンティーノ湖プラテレスコ様式テネリフェ[島]プエルトスアレスセイモアノルテ島サン・マルティンカナリア[諸島]ビアナドカステロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android