コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンチアゴ・デ・クーバ Santiago de Cuba

世界大百科事典 第2版の解説

サンチアゴ・デ・クーバ【Santiago de Cuba】

キューバ南東部にある港湾都市。もとオリエンテ州の州都であったが,1976年の行政区域の再編により,現在はサンチアゴ・デ・クーバ州の州都。人口44万0084(1994)で,ハバナに次ぐキューバ第2の都市である。1515年にスペイン人征服者によって建設され,その後16世紀末にハバナに取って代わられるまで植民地キューバの主都であった。天然の良港を備えており,16世紀半ばには海賊の襲撃から守るため要塞が築かれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

サンチアゴ・デ・クーバの関連キーワードシエラ・マエストラ[山脈]サン・ペドロ・デ・ラ・ロカビルマ エスピンキューバ革命カストロ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android