サンテグジュペリ(英語表記)Antoine de Saint-Exupéry

精選版 日本国語大辞典 「サンテグジュペリ」の意味・読み・例文・類語

サン‐テグジュペリ

(Antoine de Saint-Exupéry アントワーヌ=ド━) フランス小説家飛行家パイロットの体験をもとに人間の崇高さ、勇気知恵などを扱った作品を残す。「夜間飛行」「戦う操縦士」「星の王子さま」など。(一九〇〇‐四四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「サンテグジュペリ」の意味・読み・例文・類語

サンテグジュペリ(Antoine de Saint-Exupéry)

[1900~1944]フランスの小説家・飛行士。危機的な状況のなか行動する人間を通して人間性問題を追求。作「夜間飛行」「星の王子さま」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「サンテグジュペリ」の意味・わかりやすい解説

サンテグジュペリ
Antoine de Saint-Exupéry
生没年:1900-44

フランスの飛行家,作家。由緒ある貴族の家系に生まれ,カトリック系の学校で中等教育を終えたあと海軍をめざすが,兵学校の入試に失敗,1921年兵役に服し陸軍飛行操縦学生となる。22年予備少尉に任官,除隊後は一時会社員生活に甘んじる。26年ラテコエール航空会社に入り,トゥールーズ~カサブランカ線の定期郵便飛行に従事,中継基地のキャップ・ジュビーの飛行場長時代に《南方郵便機》(1929)を執筆する。29年アエロポスタ・アルヘンチーナ社の支配人としてブエノス・アイレス赴任,パタゴニア線の開拓に努力し,《夜間飛行》(1931。フェミナ賞)を執筆する。31年親会社のアエロポスタル社の内紛によって退社,テストパイロット,ジャーナリストとして活躍,《人間の大地》(1939。アカデミー小説大賞)を発表する。第2次大戦が始まると召集を受け偵察機を操縦,その功績によって感状を受ける。ドイツ軍の侵入後はアメリカに亡命,《戦う操縦士》(1942),《星の王子さま》(1943),《ある人質への手紙》(1943)を出版。43年北アフリカにあった原隊に復帰,アメリカ軍と協力してフランス本土上空の偵察飛行に従事,44年7月コルシカ島の基地から出撃後に消息を絶ち,ドイツ戦闘機に撃墜されたものと推定されている。死後,その思想大全とみなされるべき未完の大作《城砦》(1948)が刊行された。

 幾度かの危険な飛行や体験から生み出された彼の著作には,人間,自然,文明についての省察と,その秩序,モラルの復活への渇望とがみなぎっている。〈飛行機の英雄〉であった彼は,1930年代の行動の文学を代表する一人とみなされている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「サンテグジュペリ」の意味・わかりやすい解説

サンテグジュペリ

フランスの作家。兵役で操縦を習い,のち民間航空の操縦士となる。《南方郵便機》(1929年)に続いて,夜間飛行の危険を通して人間の行動の高貴さを追求する《夜間飛行》(1931年)で名声を博した。第2次大戦に志願兵として従軍中,コルシカ島から出撃したままゆくえ不明となる。ほかに《人間の土地》,童話《星の王子さま》(1943年)や《戦う操縦士》,未完の大作《城砦》など。
→関連項目ダラピッコラドーネン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のサンテグジュペリの言及

【児童文学】より

…同じころのショボーL.Chauveauは子どもの酷薄さと向きあった作家である。第2次大戦で死んだサンテグジュペリの《星の王子さま》(1943)は詩のように美しい傑作であった。戦後ギヨーR.Guillotが出現して,はじめてフランスにおける子ども固有の文学が世界的にみとめられたといってよい。…

【夜間飛行】より

…フランスの作家サンテグジュペリの小説。作者がアエロポスタル社のアルゼンチン支社長時代に執筆され,1931年に出版,同年のフェミナ賞の受賞作となる。…

※「サンテグジュペリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android