コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンドラール

3件 の用語解説(サンドラールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サンドラール

スイス出身のフランスの詩人,小説家。冒険を好み,ほとんど全世界を旅行し,その体験を新しい詩形式の中に表現した。アポリネールの先駆者で立体派の一人。作品には詩集《ニューヨークの復活祭》《シベリア横断鉄道》のほか小説《黄金》《雷に打たれた男》などがある。
→関連項目ミヨー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンドラール【Blaise Cendrars】

1887‐1961
スイス国籍のフランスの作家。サンドラルスと表記されることもあるが正しくない。16歳で学業を放棄し,ロシア・極東を手始めに世界各地を放浪,その間,さまざまな職種・事業を転々として,極貧と新興成金の両端を往復する〈危険な暮し〉の燃焼に明け暮れた。1912年,アメリカから戻り,《ニューヨークの復活祭》を発表,句読点を廃した革新的詩形式はアポリネールらに強い影響を与えた。翌年には,新世界の遍歴詩《シベリア横断鉄路》を続いて発表し,スピードコスモポリタニズムに対して現代詩の嗜好を方向づける役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンドラール
さんどらーる
Blaise Cendrars
(1887―1961)

スイス出身のフランスの詩人、小説家。本名フレデリック・ソゼールFrdric Sauser。15歳で故郷を出てロシアへ行き、その後シベリア、中国、モンゴル、ペルシアを回り、多くの職業を転々として帰国。1912年、渡米して先駆的近代詩『ニューヨークの復活祭』を書く。第一次世界大戦に際しスイス国籍の彼は外人部隊に入隊して従軍、負傷して右腕を失う。戦後、片手で叩(たた)きつけるような律動の詩集『弾性詩19編』(1919)などで、句読点の廃止や同時話法の使用など前衛的な手法を樹立した。小説『切られた手』(1946)、『天の区分』(1949)はこの冒険詩人の回想を芯(しん)に据えたなかば神話的な自伝であり、『コダック』(1924)、『ハリウッド』(1936)は時代精神の記録写真ともいうべきルポルタージュであり、『黄金』(1925)、『モラバジーン』(1926)、『世界の果てにつれていって』(1956)は強烈な破壊力をもつ物語である。1961年パリ市文学大賞を受けた。[曽根元吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンドラールの関連情報