サンビセンテ岬(読み)サンビセンテみさき(英語表記)Cabo de São Vicente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンビセンテ岬
サンビセンテみさき
Cabo de São Vicente

ポルトガル南西部,ファロ県の岬。イベリア半島南西端に位置する。古代ギリシアのストラボンが「世界の西端」と記した地。切り立ったリアス海岸をなす。気候は湿潤で亜熱帯的。農業,漁業が行なわれる。南東端サグレス付近には 1420年頃エンリケ航海王子)の創設した天文台および航海学の学校があり,多くの海洋探検家を育てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンビセンテ‐みさき【サンビセンテ岬】

Cabo de São Vicente》ポルトガル南西部、サグレス半島の岬。ヨーロッパ大陸の最南西端にあたる。名称は、リスボンの守護聖人サン=ビセンテの遺体を乗せた船が流れ着いたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android