コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンブル族 サンブルぞくSamburu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンブル族
サンブルぞく
Samburu

ケニアの北部丘陵地帯,サバナからアカシア疎開林帯に住むナイロ=ハム語系諸族の一民族。言語は南パラ=ナイル語群のマサイ語に属する。牧を中心とする移動生活を送るが,ごく一部に農耕を行なう者がいる。社会は外婚制父系氏族よりなり,半族に統合される。年齢組を構成するための割礼式は,14年に 1度行なわれ,他の牧畜諸民族に比べて著しく間隔が長い。居住集団は小さく,平均 24人(5~6戸)で構成され,移動性が高い。隣接強大民族のトゥルカナ族ボラナ族とは仇敵同士の関係にあるが,北隣のレンディーレ族とは同盟し,土地の相互利用を行なう。略奪などでウシを失った人々のなかには山地林に入って狩猟採集民ドロボ族に加わる者もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンブルぞく【サンブル族 Samburu】

東アフリカ,ケニア中央部のサンブル,マルサビット両地区に分布するパラ・ナイル系マサイ語族に属する言語を話す民族。人口約7万。標高900~2700mの丘陵サバンナ地帯を生活圏とし,牛,ヤギによる牧畜によって生活を営み,農耕は行わない。他のナイル系諸族に見られる,いわゆる〈好みの牛〉はもたないが,供犠動物として,あるいは社会的交換財として,牛は重要な役割を果たす。牛乳,ヤギ・羊の肉を主食とするが,家畜産物が不足するときには,ヤギ,羊を売却し,穀物を購入して食料を補う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンブル族の関連キーワードナイロ=ハム語系諸族トゥルカナ湖東アフリカマサイ族

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android