コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンブル族 サンブルぞくSamburu

2件 の用語解説(サンブル族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンブル族
サンブルぞく
Samburu

ケニアの北部丘陵地帯,サバナからアカシア疎開林帯に住むナイロ=ハム語系諸族の一民族。言語は南パラ=ナイル語群のマサイ語に属する。牛牧を中心とする移動生活を送るが,ごく一部に農耕を行なう者がいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サンブルぞく【サンブル族 Samburu】

東アフリカ,ケニア中央部のサンブル,マルサビット両地区に分布するパラ・ナイル系マサイ語族に属する言語を話す民族。人口約7万。標高900~2700mの丘陵サバンナ地帯を生活圏とし,牛,ヤギ,羊による牧畜によって生活を営み,農耕は行わない。他のナイル系諸族に見られる,いわゆる〈好みの牛〉はもたないが,供犠動物として,あるいは社会的交換財として,牛は重要な役割を果たす。牛乳,ヤギ・羊の肉を主食とするが,家畜産物が不足するときには,ヤギ,羊を売却し,穀物を購入して食料を補う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンブル族の関連情報