コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンブル族 サンブルぞく Samburu

2件 の用語解説(サンブル族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンブル族
サンブルぞく
Samburu

ケニアの北部丘陵地帯,サバナからアカシア疎開林帯に住むナイロ=ハム語系諸族の一民族。言語は南パラ=ナイル語群のマサイ語に属する。牛牧を中心とする移動生活を送るが,ごく一部に農耕を行なう者がいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

サンブルぞく【サンブル族 Samburu】

東アフリカ,ケニア中央部のサンブル,マルサビット両地区に分布するパラ・ナイル系マサイ語族に属する言語を話す民族。人口約7万。標高900~2700mの丘陵サバンナ地帯を生活圏とし,牛,ヤギ,羊による牧畜によって生活を営み,農耕は行わない。他のナイル系諸族に見られる,いわゆる〈好みの牛〉はもたないが,供犠動物として,あるいは社会的交換財として,牛は重要な役割を果たす。牛乳,ヤギ・羊の肉を主食とするが,家畜産物が不足するときには,ヤギ,羊を売却し,穀物を購入して食料を補う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サンブル族の関連キーワードケニア山東アフリカ東アフリカ共同体アフリカ菫アフリカ舞舞ホワイトアフリカ汎アフリカ主義アフリカデー中部アフリカ中央アフリカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンブル族の関連情報