コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ディエゴ サンディエゴ

百科事典マイペディアの解説

サン・ディエゴ

米国,カリフォルニア州南西端,太平洋岸の軍港都市。温和な気候に恵まれた避暑・避寒地。メキシコ国境に近く,海軍の基地がある。商港漁港でもある。食品加工航空機工業が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ディエゴ
さんでぃえご
San Diego

アメリカ合衆国、カリフォルニア州サン・ディエゴ湾に臨む同州最南端の都市。人口122万3400(2000)。陸地に囲まれた良質の天然港が、同市の性格を特徴づけている。輸入港であるとともに、合衆国海軍の主要基地の一つとして多くの大規模海軍施設が置かれ、同市の労働者の多くを吸収する。付近には農業・牧畜地帯が広がり、その集散・加工地としても重要である。一帯は合衆国最大のアボカドの産地として知られる。工業の発達が目覚ましく、アトラス・ミサイル社を中心とした航空機、エレクトロニクスがその中心をなすほか、海洋を軸とした科学開発・研究が盛んである。そのほか、造船業やスポーツ用品、衣料、家具などの製造も盛んである。土地、労働力の確保が比較的容易なところから、1970年代に多くの企業が同市に移転した。このため人口増加が目だち、1970年には全米14位であった人口が80年には8位と急上昇した。2000年現在7位。温暖で湿度の低い過ごしやすい気候と美しい海岸線、スペイン文化を残す遺跡に恵まれ、メキシコ国境に近いことも加わって観光業が重要視されている。
 ヨーロッパ移民がつくった都市のなかでは同州最古の都市として長い歴史をもつが、その歴史はスペインからJ・R・カブリリョが1542年ここに上陸したことに始まる。本格的なスペイン人の定住は1769年からで、1821年にはメキシコ、さらに48年には合衆国の統治下に入った。1850年から70年の間は捕鯨基地として繁栄し、70年のゴールド・ラッシュによって人口の急増をみた。近代化の始まりは、1885年の鉄道の開通が契機となる。同市は飛行機に縁の深い都市で、1883年にJ・モンゴメリーがグライダーでの飛行に成功したのを皮切りに、多くの飛行家がチャレンジを繰り返し、1927年にはC・リンドバーグによる世界初の大西洋横断単独飛行(ニューヨーク―パリ)の出発地点となった。至る所にスペイン領時代のおもかげが残り、歴史公園であるオールド・タウン、プレシディオ・パークが興味深い。文化施設の多く集まるバルボア・パークや、ボート、水上スキー、釣り、水泳の楽しめるミッションベイ・パークは市民の憩いの場として親しまれる。スクリップス海洋学研究所をもつカリフォルニア大学やサン・ディエゴ州立大学の所在地である。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サン・ディエゴの関連キーワードギルマン(Roger Charles Louis Guillemin)ウイリアムズ(Theodore Samuel Williams)スミス(Hamilton Othanel Smith)ヒューズ(Henry Stuart Hughes)フランクル(Viktor Emil Frankl)セラ(Junípero Serra)メルフォード・エリオット スパイロコーン(Walter Kohn)トランスワールド航空[会社]全米熱帯まぐろ類委員会サンディエゴ・パドレスホテル・デル・コロナドロバート ランシングトモダチ作戦被曝訴訟サン・ディエゴ動物園キャメロン クロウフレッド ウォードラガー レイノルズカリフォルニア大学サンタ・フェ鉄道

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android