コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイフリボク

3件 の用語解説(ザイフリボクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ザイフリボク

シデザクラとも。本州〜九州,東アジアの山地にはえるバラ科の落葉高木。葉は長楕円形で縁には鋸歯(きょし)があり,若葉では裏に白毛を密生する。4〜5月,前年の枝の節から総状花序を出し,白花を密に開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ザイフリボク【(Japanese) shadbush】

日当りのよい丘などに生えるバラ科の低木または小高木で,ときに10mほどになる(イラスト)。樹皮は古くなると,黒みを帯びる。葉は互生して楕円形,長さ5~8cm,縁の鋸歯は小さくてあまりめだたない。若い葉は両面,とくに裏面に綿毛が多いが,のちにはほとんど無毛になる。花は4~5月ころ,葉が開ききらないうちに,総状に咲き,花弁は5枚で線形,白く,目につきやすい。おしべは20本,果実は球形で,秋に紫黒色に熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザイフリボク
ざいふりぼく / 采振木
[学]Amelanchier asiatica (Sieb. et Zucc.) Endl.

バラ科の落葉中高木。高さ3~6メートル、まれに10メートルに達するものもある。幹は暗黒色。葉は互生し、単葉で倒卵形、若葉は両面に白色の綿毛が多くあるが、のちにほとんどなくなる。4~5月、その年に出た枝先に径約3センチメートルの白色の5弁花を多数つける。花弁は広線形。果実はなし状果で球形、径約6ミリメートル。萼片(がくへん)は果実時にも残る。低山地に多く生え、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、花序が采配(さいはい)に似ることからつけられた。シデザクラ(四手桜)の別名もある。ザイフリボク属は約25種からなるが、3種を除いてすべて北アメリカにみられる。白い花ときれいな果実を観賞するため、庭園に栽培される。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザイフリボクの関連キーワード瓜草雄日芝鈴柴胡稚児車丸葉萩草苺熊苺白花の蛇苺照葉野茨日当り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ザイフリボクの関連情報