コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザイフリボク

百科事典マイペディアの解説

ザイフリボク

シデザクラとも。本州〜九州,東アジアの山地にはえるバラ科の落葉高木。葉は長楕円形で縁には鋸歯(きょし)があり,若葉では裏に白毛を密生する。4〜5月,前年の枝の節から総状花序を出し,白花を密に開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザイフリボク【(Japanese) shadbush】

日当りのよい丘などに生えるバラ科の低木または小高木で,ときに10mほどになる(イラスト)。樹皮は古くなると,黒みを帯びる。葉は互生して楕円形,長さ5~8cm,縁の鋸歯は小さくてあまりめだたない。若い葉は両面,とくに裏面に綿毛が多いが,のちにはほとんど無毛になる。花は4~5月ころ,葉が開ききらないうちに,総状に咲き,花弁は5枚で線形,白く,目につきやすい。おしべは20本,果実は球形で,秋に紫黒色に熟する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザイフリボク
ざいふりぼく / 采振木
[学]Amelanchier asiatica (Sieb. et Zucc.) Endl.

バラ科の落葉中高木。高さ3~6メートル、まれに10メートルに達するものもある。幹は暗黒色。葉は互生し、単葉で倒卵形、若葉は両面に白色の綿毛が多くあるが、のちにほとんどなくなる。4~5月、その年に出た枝先に径約3センチメートルの白色の5弁花を多数つける。花弁は広線形。果実はなし状果で球形、径約6ミリメートル。萼片(がくへん)は果実時にも残る。低山地に多く生え、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、花序が采配(さいはい)に似ることからつけられた。シデザクラ(四手桜)の別名もある。ザイフリボク属は約25種からなるが、3種を除いてすべて北アメリカにみられる。白い花ときれいな果実を観賞するため、庭園に栽培される。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザイフリボクの関連キーワードシデザクラ四手柳日当り四手木四手桜楡桜采振櫓花捩木四手唐棣山榁山梨藤木赤綟

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android