コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザキントス[島] Zákinthos

世界大百科事典 第2版の解説

ザキントス[島]【Zákinthos】

このギリシア語の公式名のほかに,ザンテZante島というイタリア語系の名称も広く用いられる。ギリシア西部イオニア諸島に属し,その南端ペロポネソス半島の沖20kmに位置する島。面積約410km2,人口3万3000(1991)。干しブドウブドウ酒オリーブ油などを産する。春と秋に咲く野草の美しさは特に有名。古典期にはポリスとして栄え,2世紀にローマの領土となる。15世紀から18世紀末までベネチア領であったので,イタリア系の文化の影響は今も色濃い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のザキントス[島]の言及

【イオニア[諸島]】より

…総面積2307km2,人口19万1000(1991)。北からケルキラ(一般にコルフの名で知られる),パクシ,レフカス,イターキ(古代名イタケー),ケファリニアザキントス(別名ザンテ),ずっと南に離れてキティラ。どの島も山が多いが,気候は温暖である。…

※「ザキントス[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報