コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザンクトガレン修道院 ザンクトガレンシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

ザンクトガレン‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ザンクトガレン修道院】

Klosters Sankt Gallen》スイス北部、ボーデン湖の南にある修道院。8世紀の創建で、10世紀以降はベネディクト修道会の神学研究の中心地となった。現在のバロック様式の聖堂は1766年に再建されたもの。また、ロココ様式の装飾が施された付属図書館は、中世の写本を含む約16万冊を蔵する。1983年、「ザンクトガレンの修道院」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android