コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン化銀 シアンかぎん silver cyanide

3件 の用語解説(シアン化銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン化銀
シアンかぎん
silver cyanide

化学式 AgCN 。無色の粉末。乾燥空気中で安定であるが,光に当ると暗色に変る。 320℃で分解。水,アルコール,希酸にほとんど不溶。シアンアルカリ溶液や熱濃硝酸には錯塩をつくって溶ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シアンかぎん【シアン化銀 silver cyanide】

化学式AgCN。硝酸銀AgNO3水溶液にシアン化ナトリウムNaCNまたはシアン化カリウムKCNを等molにやや足りない程度加えると白色粉末状沈殿として得られる。乾燥空気中で安定であるが,光によって徐々に黒みを帯びる。加熱すると融解する前に320℃で分解する。比重3.95。結晶中では-Ag-C≡N-Ag-C≡N-のように結合した直線の多量体となっている。ハロゲン化アルキルを作用させると,おもにイソニトリルRNCを生ずるので,上記の構造においてAg-C結合のほうがAg-N結合より強いと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン化銀
しあんかぎん
silver cyanide

銀のシアン化物。硝酸銀の水溶液にシアン化カリウム水溶液を加え、生じた沈殿を水で洗って乾燥させると得られる白色の粉末。光によって徐々に変色して分解する。空気を断って熱すると分解し、320℃以上でシアンを発生する。エタノールエチルアルコール)、希酸に不溶。熱濃硝酸には溶けて硝酸銀との複塩をつくる。濃アンモニア水チオ硫酸ナトリウムには溶ける。シアン化アルカリにはシアノ錯塩をつくって溶ける。有毒である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアン化銀の関連キーワード亜塩素酸銀鏡反応次亜臭素酸臭化銀硝酸銀化学鍍金沃化銀アンモニア性硝酸銀溶液硝酸銀アンモニア溶液硫酸銀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone