コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアン酸 シアンさんcyanic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアン酸
シアンさん
cyanic acid

化学式 HOCN 。無色の液体または気体。融点-86℃,沸点 23.5℃。急激に加熱すると爆発し,放置すると重合してシアメリドシアヌル酸になる。水には微溶で,アンモニア二酸化炭素に分解する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアンさん【シアン酸 cyanic acid】

化学式HOCN。シアヌル酸(尿素を加熱した際に縮合して生ずる)を二酸化炭素または窒素気流中でゆっくりと380~400℃に加熱し,発生する気体を急冷して得られる。シアン酸H-O-C≡Nとイソシアン酸H-N=C=Oの互変異性体があり,ともに雷酸H-O-N≡Cの異性体である。水素結合をつくりやすい水溶液などの中ではシアン酸の,気体中やエーテルなどの非プロトン性溶媒中ではおもにイソシアン酸の構造をとる。無色の液体で,酢酸に似たにおいをもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアン酸
しあんさん
cyanic acid

炭素のオキソ酸の一つ。固体のシアヌル酸(NCOH)3を加熱し、蒸気を冷やすと、不安定で重合しやすいシアン酸の液体が得られる。気体では主として異性体のイソシアン酸HNCOとして存在する。かなり強い酸(電離定数1.2×10-4、0℃)であり、水溶液はアンモニア、二酸化炭素を生じて分解する。アセトン、エーテル、ベンゼン、クロロホルムに溶ける。エーテル溶液中ではイソシアン酸として存在する。きわめて不安定で0℃でも重合してシアメリドC3H3N3O3となる。アルカリ金属のシアン酸塩は安定で、シアン化物を酸化鉛()と加熱酸化して得られる。しかし、水溶液は不安定で、炭酸塩とアンモニアに分解する。シアン酸アンモニウムNH4OCNの水溶液を蒸発すると尿素を生じる。シアン酸イオンOCN-は直線形。シアン酸の異性体に雷酸HONCもある。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シアン酸の関連キーワードチオシアン酸カリウム(データノート)ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウムアリルイソチオシアネートシアン酸(データノート)チオシアン酸カリウムシアン化ナトリウムカラシ油(芥子油)ミロン酸カリウムエリスロポエチンセミカルバジドチオシアン酸ヒダントインシアノ鉄錯塩無機化合物アクリジンライネケ塩有機化合物ウェーラートリアジンロダンカリ

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android