コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーカー シェーカー shaker

翻訳|shaker

5件 の用語解説(シェーカーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シェーカー(shaker)

カクテルを作るとき、洋酒・氷などを入れて振る金属製の容器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シェーカー

18世紀末から19世紀にかけて英国から米国へ渡ったクエーカーの一派。米国東部沿岸地域に教団を設立。祈りの際に身体を激しく振動させたのでこの名がある。独身主義,財産の共有,世俗からの離脱を原則とする。
→関連項目ロッキング・チェア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

シェーカー【shaker】

カクテルを作るために、酒や氷などを入れて振る容器。

シェーカー【Shaker】

〔霊的高揚を身体の震えで表したことからいう〕
キリスト教の教派の一。1747年イギリスのクエーカー派から分派。迫害を逃れてアメリカに移住。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

シェーカー【shaker】

カクテル用の器具の一つで、材料を入れて振り、混ぜ合わせる道具。ボディ(胴部。容器の下3分の2ほどの部分)、ストレーナー(容器の上3分の1ほどの部分で、ボディにふたのようにかぶせて用い、上部が注ぎ口になっていて、カクテルを作る際に冷やすのに用いた氷をグラスに注ぐとき一緒に入れないためのこし器になっている)、トップ(振って中身を混ぜる際にストレーナーの注ぎ口にかぶせるふた)の3部分からなる。材質は銀・ステンレスなど。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシェーカーの言及

【カクテル】より


[カクテルの作り方]
 いくつかの方法がある。シェーカーに氷と材料を入れ手早く振って冷たく混ぜあわす。ミキシンググラスに氷と材料を入れロングスプーンでかき混ぜる。…

※「シェーカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シェーカーの関連キーワードカクテルグラスハーフアンドハーフ元栓カクテル療法ビターズボトルビヤカクテルカクテルカロリ。ザ・カクテルバー徳利蒸し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シェーカーの関連情報