コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオジ Fraxinus spaethiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオジ
Fraxinus spaethiana

モクセイ科の落葉高木で,6~10mあまりになる。関東地方より西の本州,四国,九州の山地に生える。葉は7~9枚の小葉から成る奇数羽状複葉で,柄とともに長さ 25~30cmあり,葉柄基部は少しふくらんで茎を抱く。初夏に,前年に出た枝に円錐花序をなして花冠のない小花多数つける。果実は1枚の翼をもち,多数が房をなして下垂する。材は家具材として有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオジ
しおじ
[学]Fraxinus spaethiana Lingelsh.

モクセイ科の落葉高木。高さ25メートルに達する。樹皮は褐灰色で縦に裂ける。葉は対生し、奇数羽状複葉で長さ25~35センチメートル、基部の膨らんだ柄がある。小葉は7~9枚、近縁のヤチダモに似るが、葉軸の小葉の着点に毛はなく、表面の葉脈はすこしへこむ。4~5月、新葉が出る前に側芽から円錐(えんすい)花序を出し、花弁のない小花を多数開く。雄花だけの株と、両性花と雄花をつける株とがある。翼果は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で、長さ3~5センチメートル、やや幅広で下垂し、10月に熟す。山地の沢沿いに生え、関東地方以西の本州から九州の太平洋側に分布する。日本産トネリコ類の一種。材はヤチダモよりやや軽くて軟らかく、建築、家具、器具、運動具、ベニヤなどに広く利用する。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシオジの言及

【トネリコ】より

…いずれも材は環孔材で強く弾力があるので,野球のバットなど運動用具材として優れ,器具・建築・車両材などとしても賞用される。頂生花序をもつアオダモの仲間と側生花序をもつシオジの仲間がある。頂生花序を有するアオダモF.lanuginosa Koidz.(イラスト)は日本全土と南千島,朝鮮半島南部に分布し,5または7枚の小葉をもつ。…

※「シオジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シオジの関連キーワード氷ノ山後山那岐山国定公園ランブイエ侯爵夫人英彦山の自然プレシューズゴンゴリスモボアチュールシマトネリコモクセイ科洋服だんす成岡大輔アストレ小林義雄上野村サロン木材

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android