コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シタール [sitar(ヒンディー)] シタール

音楽用語ダスの解説

シタール [sitar(ヒンディー)]

14世紀頃に考案されたといわれる北インドの代表的な撥弦楽器ラビ・シャンカールによって世界的に知られるようになり、ジャズやロックなど、種々の音楽の分野で利用されている。棹の長さは90cm弱で、弓状に湾曲したフレットが16~22ある。胴はふくべのような堅果を半割りにするか、そのような形の木彫りで、響板が張られている。演奏の際は、左手指にヤシ油をつけ、中指と人差指でフレットの上を上下や左右に動かし、弦の上をすばやくすべらせる。腕で楽器を安定させておき、右手の親指を胴の縁につけ、人差指にミズラーブ(針金製の爪)をつけて弦を掻く。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

シタール [sitar(ヒンディー)]の関連キーワードシャンカール(Ravi Shankar)ストリート・ファイティング・マンビリンバゥ[berimbau]UKエイジアン・ミュージックラヴィ シャンカールコリン ウォルコットラヴィ シャンカルラヴ・ユー・トゥノラ ジョーンズノルウェーの森ビル プラマーメニューインポルタメントタブラ・バヤシャンカールエスラージアーラープヒョウタン松田 晴世シャンカル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android