コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナイ文字 シナイもじSinaitic script

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シナイ文字
シナイもじ
Sinaitic script

1904~05年にシナイ半島で発見された,前 16世紀頃のものと推定される碑文の文字。エジプトの象形文字セム族のアルファベットとの中間段階の形をしており,最古のアルファベットと目される。セム文字の起源をこれに求める説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シナイ‐もじ【シナイ文字】

Sinai inscriptions》1905年、シナイ半島南部で発見された初期アルファベット文字。前1700年ごろのもので、フェニキア文字の原型に近いものと推定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シナイもじ【シナイ文字】

1904‐05年の冬,シナイ半島の古代鉱山跡セラービート・エルハーデムで発見された,原シナイ碑文と呼ばれる数十の短い碑文群に用いられる文字。イギリスのエジプト学者ガーディナーA.H.Gardinerは1916年の論文で,この文字がエジプト聖刻文字(ヒエログリフ)に似た線文字であることから,エジプト聖刻文字と北西セム文字(いわゆる〈フェニキアのアルファベット〉)の中間段階に位置する単音文字と考え,その一部の解読の結果を発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シナイもじ【シナイ文字】

シナイ半島南部の鉱山遺跡から1905年に発見された碑文に記された初期アルファベット文字。紀元前1700年頃に用いられたカナン語の方言と推測される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナイ文字
しないもじ

1905年にイギリスの考古学者W・M・F・ピートリによりシナイ半島南方のサラービト・エル・ハーディム遺跡で発見された初期アルファベット文字。この文字で書かれたシナイ刻文はすべて落書き風の稚拙なもので、紀元前1700年前後のころここにあった銅鉱山の関係者によって使われたものと思われる。1916年にイギリスのエジプト学者A・ガーディナーがその一部を解読し、22個の子音文字からなるフェニキア文字(後代の全アルファベット文字の原型)の原型に近いものと推定した。アクロフォニーの原理(bt「家」を表す図形で頭音bを示す方式)によっている。[矢島文夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシナイ文字の言及

【アルファベット】より

…文字の配列順序は,前14世紀の北西セム語であるウガリト語の楔形文字土板の中に発見された文字表における順序がこの通りであることから,すでに前2千年紀中ごろには定着していたことが推定される。北西セム文字がセム人の独創であるのか,それとも他の文字体系からの発展であるのかについては,説の分かれるところであるが,前18世紀ころに作られたと考えられるシナイ文字を経て古代エジプトのヒエログリフにさかのぼるという説も,考慮に値しよう。すなわちヒエログリフが700個以上の象形音節文字から成るのに対し,シナイ文字は象形文字の面影を残しながらも,その数30に満たぬ子音文字であって,各字形の表す物が,それに対応する北西セム文字の各名称の示す物と一致する場合が多いのである。…

※「シナイ文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シナイ文字の関連キーワードウイグル文字アラビア文字ガードナー矢島文夫カナン語金石文方言

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android