コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノブ(忍) シノブDavallia mariesii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノブ(忍)
シノブ
Davallia mariesii

シノブ科の夏緑性シダ植物。日本,朝鮮南部,中国に分布する。淡褐色鱗片に密におおわれた,やや太い根茎が長く樹幹や岩上をはう。葉は 30cm前後になり,葉身は三角形状。シノブ玉やシノブ風鈴にして観賞される。名称は土のない岩上などに生えるため,「たえ忍ぶ」という意味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シノブ【シノブ(忍) Davallia mariesii Moore】

樹幹や岩上に着生し,葉が繊細な,夏緑性のシダ類シノブ科の中型多年草(イラスト)。根茎は長くはい,直径3~5mm,灰褐色基部が楯状の鱗片で密におおわれる。葉はまばらで,葉柄は長さ5~15cm,葉身は三角状卵形,長さ10~20cm,幅8~15cm,4回羽状に細かく深裂し,最終裂片は幅1~2mm。葉脈は1本または叉(さ)状分枝する。胞子囊群は最終裂片に1個つき,コップ状である。北海道から九州に広く分布し,琉球,朝鮮半島,中国にも同種と思えるものがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android