コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノブ

百科事典マイペディアの解説

シノブ

本州〜沖縄の山地の岩や樹幹などにはえるシノブ科シダ。ふつう夏緑性。淡褐色鱗片を密生した径5mm内外の根茎が長くはい,葉をまばらに出す。葉は厚く,光沢があり,五角状卵形で数回羽状に細かく切れこむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シノブ
しのぶ / 忍
[学]Davallia mariesii Moore

シノブ科の夏緑性シダ。山地の岩石、樹幹に着生する。鱗片(りんぺん)を密生する太い根茎から、葉身は三角状、外形は五角形となる葉をまばらに出す。3~4回羽状に分裂し、長さ30~40センチメートル。裂片は長楕円(ちょうだえん)形で1本の葉脈をもち、末端に壺(つぼ)形の包膜をもった胞子嚢(のう)群をつける。全国各地に分布する。根茎をシュロ縄でくくってつるす「つり忍」は、夏の涼気をよぶ風物詩である。キクシノブHumata repensはシノブより小形で、堅い革質の葉をもつ常緑性シダで、紀伊半島以南に分布する。[西田 誠]

文化史

シノブは「忍ぶ」の意味で、耐寒性が強く、冬は葉を落として耐え、春に芽吹くことから名づけられた。『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』(931~938ころ)に「垣衣」、和名之乃布久佐(しのふくさ)の名がみえるが、これはノキシノブのことで、古歌のシノブグサも多くはノキシノブをさす。シノブ玉として親しまれている独特の栽培法のつり忍は、元禄(げんろく)(1688~1704)のころまでには成立した。『花壇地錦抄(ちきんしょう)』(1695)には、葉のみごとな類に分類され、糸で吊(つ)るすとある。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シノブの関連キーワードホソバコケシノブ(細葉苔忍)釣り忍・釣忍・釣り荵タチシノブ(立忍)スターフロックスハゴロモノキネフロレピスシノブ(忍)蝦夷の花忍タチシノブハナシノブフロックスコケシノブ高野苔忍銭苔羊歯深山花忍清澄苔忍蘇鉄洞苔礼文花忍樺太花忍草夾竹桃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シノブの関連情報