コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シハモニ シハモニ Norodom Sihamoni

2件 の用語解説(シハモニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シハモニ
シハモニ
Norodom Sihamoni

[生]1953.5.14. プノンペン
カンボジア国王(在位 2004~ )。2004年10月父ノロドム・シアヌーク国王の退位をうけ,あとを継いだ。シアヌークとモニク妃の間に生まれた息子 2人の長兄。幼少時より芸術的才能を発揮し,9歳でチェコスロバキアに留学,14歳で父が制作した映画 "Little Prince"に主演した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シハモニ
しはもに
Norodom Sihamoni
(1953― )

カンボジアの王族政治家。2004年10月29日に国王に即位。出生地はプノンペンで、父親はシアヌーク前国王。幼少時代には父親が制作した映画に子役で出演したこともある。1962年からチェコスロバキアに留学し、1967年から1971年にかけてプラハ国立芸術学校、1971年から1975年にかけてプラハ高等音楽芸術院で、ダンスや音楽などを学ぶ。1975年から北朝鮮で映画撮影を勉強していたが、1976年にポル・ポト政権に呼び戻され、1979年までプノンペンで両親とともに幽閉生活を送る。
 1979年から1980年、国外亡命中の父親の秘書を務める。1981年からパリの芸術学校でダンスと芸術を教えた。1992年から1993年、カンボジア最高国民評議会国連常駐代表としてアメリカに滞在。1993年から2004年にかけては、パリでユネスコ大使を務める。2004年10月、当時のシアヌーク国王の退位宣言、それに続く後継指名を受けて、国王に就任した。海外生活が長く知名度の低さにもかかわらず後継者に選ばれたのは、本国の政争に無縁で政敵がいないためとみられている。それだけに、激動のカンボジア現代史を象徴する父親に比べ、存在感に欠けるとの評価もある。フランス語、チェコ語に堪能で、英語、ロシア語も話す。[野口賢志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シハモニの関連キーワードプノンペン金ペンサインペンぺんぺんぺんぺん草ルンペンジョン・レノン筆携!サインペン筆 touch サインペンワットプノン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シハモニの関連情報