コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シミ しみ pigmented spots

3件 の用語解説(シミの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

シミ

シミには、女性の頬部などに左右対称にできる淡褐色の色素斑である肝斑(かんはん)や、男女を問わず加齢と共に発生頻度が増える不定形の老人性色素斑などがある。前者は女性ホルモン変調、後者は紫外線が主な原因と考えられている。ソバカスは、主に目の周りから鼻筋の高い部分、頬にかけてできる粟粒大から米粒大ほどの褐色の雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれる色素斑。遺伝的要素が原因。シミやソバカスは紫外線によって悪化する。防止する最大のポイントは、メラノサイト(色素細胞)の中にある酵素チロシナーゼの活性を阻害すること。また紫外線による過剰なメラニンの生成には、炎症や色素沈着に関連する情報伝達物質の過剰産生が関与。シミ、ソバカスを防止する薬剤として、トラネキサム酸アルブチンビタミンC誘導体などがある。

(三浦志郎 資生堂ビューティーソリューション開発センター所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シミ

シミ目の昆虫の総称。ヤマトシミは体長10mm内外,銀白色の鱗粉におおわれる。無変態,無翅。屋内の暗所を好み,書物などの紙,人絹などセルロース質を食べる。日本全土,中国,ジャワ,インドに分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シミ
しみ / 衣魚・紙魚
silverfish

昆虫綱シミ目シミ科Lepismatidaeの昆虫の総称、また一般的にヤマトシミなど室内にすむ種をさすことも多い。無翅(むし)昆虫類の一つで、成虫も原始的な幼虫形の体形のため、いわゆる有翅昆虫類の一般体形とはかなり異なる虫である。体長は8~11ミリメートル。体形は平たく細長、胸部はやや幅広く、その外方は丸みを帯びている。頭部には1対の鞭(むち)状の触角があり、複眼はあるが単眼は退化している。口は外口的で直翅目の口と似ているが、大あごは2節で甲殻類のそれに似ている。3対の脚(あし)はいずれも歩行肢(ほこうし)。尾端には中央の1本と左右1対の計3本のほとんど等長の尾毛があり、これがこの類の大きな特徴となっている。臀板(でんばん)が突き出していることもある。いずれも体全体銀灰色の鱗片(りんぺん)で覆われているので、いぶし銀のような輝きをもっている。行動は比較的敏捷(びんしょう)であるが、その生態は種によって異なっている。
 ヤマトシミCtenolepisma villosaは、古来「衣魚」とか「紙魚」と書かれた虫のことで、古文書、古い和紙、書籍類をかじり、衣類をも食害する室内害虫である。また、この種は貯蔵穀倉に発生することもある。日本全土、中国、インドなどに分布する。マダラシミThermobia domesticaは全世界の熱帯に分布する。全体が白く、灰褐色の鱗(うろこ)が混ざり、単色でないのでこの名があるが、ヨーロッパやアメリカでは台所や調理場の害虫として嫌われる。セイヨウシミLepisma saccharinaは、近年東京や札幌などの大都市で発見されているが、野外の樹皮下で得られることもある。このほか生態の変わっているものにセトシミHeterolepisma disparやクボタアリシミAtelura kubotaiがある。前者は和歌山県瀬戸の海岸のスレート粘板岩間にすみ、後者は八丈島から最初得られ、アリの巣中にアリと共生する種である。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シミの関連キーワード江戸褄ブレストストローク茂みみに脊髄前根ビオゴンエレメンタリーバックストローク肝斑(しみ)対称要素DLE非対称歩法 (asymmetrical gait)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シミの関連情報