コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャガール Chagall, Marc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャガール
Chagall, Marc

[生]1887.7.7. ビテブスク
[没]1985.3.28. サン・ポール・ド・バンス
ロシア出身のフランスの画家,版画家。 1907~10年,ペテルブルグで舞台装置家レオン・バクストに絵を学び,1910年パリに出て修業。 1911年以降アンデパンダン展に出品。キュビスムの技法を取り入れ,故郷の風物の追想や幻想を描いた作品で,エコール・ド・パリ画家として注目される。 1914年帰国し,革命後,美術行政の要職についたが,1923年再びパリに帰る。この頃より銅版画や石版画を手がけ,また画商ボラールの注文でニコライ・ゴーゴリの『死せる魂』,ラ・フォンテーヌの『寓話詩』などの挿絵を制作。 1941~48年ナチスのユダヤ人迫害を避けて滞米。 1948年にはベネチア・ビエンナーレで版画賞を獲得した。重力を無視した空想的空間に,追憶や幻想から得られた風景,動物,人物などを自由に構成するスタイルを特色とする。アンドレ・ブルトンはシュルレアリスムの先駆者の一人と数えたが,シャガール自身は自叙伝『わが回想』 Ma Vie (1931) で,「作品が超現実的にみえようと,ただ昔の思い出を描いただけだ」と述べ,超現実主義者であることを否定している。 1964年パリのオペラ座の天井画を描いた。 1977年レジオン・ドヌール勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャガール(Marc Chagall)

[1887~1985]ロシア生まれのユダヤ系画家。エコール‐ド‐パリに属した。故郷への追想、ユダヤ特有の伝統への敬愛などをモチーフに、詩的に構成した幻想的画風で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シャガール

フランス,エコール・ド・パリの画家。ユダヤ人を両親としてロシアに生まれ,ペテルブルグの美術学校で学んだのち,1910年パリに出た。1915年帰国し,革命後に絵画学校を開いたりしたが,1923年再びパリに戻り,1949年以来南仏で制作。
→関連項目エコール・ド・パリオペラ座ケルテス高知県立美術館スーティン銅版画ルリエ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャガール【Marc Chagall】

1887‐1985
エコール・ド・パリの画家。ロシアのビテプスクにユダヤ人として生まれ,ペテルブルグに学ぶ。1910年パリに出,アポリネール,M.ジャコブ,R.ドローネー,モディリアニら詩人,画家と知り合う。14年に帰国し,第1次大戦とロシア革命後も祖国にとどまるが,23年来再びパリに住む。第2次大戦中はアメリカに亡命,戦後は南仏で制作する。作風は初期にはキュビスムの影響を受けたが,シュルレアリスムの先駆者として,花束,ビテプスクの思い出,恋人たちなどのイメージを駆使し,愛,祝婚,戦争と平和などを豊かな色彩と奔放な幻想によって描き続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャガール【Marc Chagall】

1887~1985) ロシア生まれの画家。パリで活躍。幻想的作風で、絵画における抒情詩人といわれる。旧約聖書の世界を題材にしたパステル画をよくした。版画・陶芸の作品も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャガール
しゃがーる
Marc Chagall
(1887―1985)

ロシア出身のユダヤ系画家。7月7日ポーランドとの国境に近いロシアのビテプスク(現在はベラルーシ共和国の都市)のユダヤ人地区に生まれる。郷里の画塾で学んだのち、1907年ペテルブルグの帝室美術奨励学校に入学。翌年にはレオン・バクストの美術学校に入って、ヨーロッパ近代美術に関する知識を初めて得た。10年、代議士ビナベルの援助でパリに出、14年まで滞在。その間、モンパルナスの通称「ラ・リュシュ」(蜂(はち)の巣)に住み、モディリアニ、スーチン、ドローネーらを知り、さらには詩人のサンドラール、アポリネール、カニュドらと親交を結んだ。また11年のアンデパンダン展に初出品。14年にはベルリンのデア・シュトゥルム画廊で個展を開くためドイツを訪問、その足で故郷に戻るが、第一次世界大戦の勃発(ぼっぱつ)によってそのままロシアにとどまる。翌15年にはベラ・ローゼンフェルトと結婚、これはシャガールの絵の重要な霊感源となる(ベラは44年に死亡)。17年に十月革命が起こると、ビテプスクの地区美術委員に任命され、さらに美術学校を創設する。マレービチやリシツキーを教授に招くが、やがてマレービチと意見を異にしたため、19年には職を辞してモスクワに移り、国立ユダヤ劇場の壁画装飾などで活躍した。22年にはベルリン、23年にはパリに戻る。
 画商ボラールの依頼でゴーゴリの『死せる魂』の挿絵を手がけるなど、しだいにエコール・ド・パリの有力画家として注目されるとともに、その幻想的な作風はシュルレアリストから高く評価された。1941年、ニューヨーク近代美術館の招きで渡米、第二次大戦中はアメリカで亡命生活を送り、バレエの舞台装置や衣装を担当したりもした。47年、フランスに永住すべくふたたびパリに戻り、50年には南フランスのバンスに居を定める。52年、バランチーヌ・ブロドスキーと再婚。名声は世界的なものとなり、20世紀絵画を代表する巨匠として揺るぎない地位を獲得する。66年にはバンスを去ってサン・ポール・ド・バンスに移り、85年3月28日同地に没した。その制作活動の幅は広く、油彩、グワッシュをはじめ、版画、パリのオペラ座の天井画(1964)、エルサレムのハダッサ病院のシナゴーグのステンドグラス、彫刻、陶器、舞台装飾にまで及んでいる。
 個人的でしばしば自伝的な内容、ロシアへの郷愁、ユダヤ特有の伝統や象徴に対する敬愛の念など、彼の作品の基調は初期にすでに決定していたといってよい。パリでの色彩の発見、キュビスムの影響、サンドラールやアポリネールら前衛詩人との接触は彼の芸術の新たな滋養となった。色彩や形態において自然主義的な考えに束縛されず、イメージを詩的に構成する。キュビスムの影響はやがて色彩の横溢(おういつ)する、より自由なスタイルに道を譲り、以後その幻想的、寓意(ぐうい)表現は大きな変化を被ることはない。ときにそのあまりに個人的な内容は、作品を単なる詩的な謎(なぞ)にもしかねないが、空想的表現と豊かな色彩は、見るものの心を自由に飛翔(ひしょう)させる不思議な魅力を秘めている。ニースにシャガール美術館があり、『聖書のメッセージ』の作品群(1969~73)を収めている。[大森達次]
『マルク・シャガール著、三輪福松・村上陽通訳『わが回想』(1965・美術出版社) ▽竹本忠雄解説『現代世界美術全集17 シャガール』(1970・集英社) ▽ヴェルナー・ハフトマン著、酒井忠康訳『シャガール』(1976・美術出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャガールの関連キーワードアムステルダム市立美術館リホール バラドゥーリンザンクトシュテファン教会町田市立国際版画美術館DIC川村記念美術館サンポールドゥバンス埼玉県立近代美術館パリ市立近代美術館マルク シャガールマーグ財団美術館サンドロ キアひろしま美術館七本指の自画像エコールドパリ三重県立美術館山梨県立美術館カンペンドンクランス大聖堂ベルン美術館清水ハルマン

シャガールの関連情報