コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャリバリ Le Charivari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャリバリ
Le Charivari

1832年 12月1日に風刺版画家の C.フィリポンによって創刊されたフランスの風刺新聞。 93年まで発行されたが,当初は国王ルイ・フィリップへの政治的攻撃を主とし,特に石版風刺画にドーミエの寄稿を得たことで名高い。『ラ・カリカチュール』紙の発禁後からドーミエは 25年間にわたって,同紙に『ロベール・マケール』その他の石版画連作を発表した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャリバリ【charivari】

〈シャリバリ〉というフランス語の語源は明らかでないが,共同体の伝統的規範を侵犯した者に対し,儀礼化したやり方で罰を加える行為であって,中世から19世紀に至るまで,広くヨーロッパ各地に見られた。英語では〈ラフ・ミュージックrough music〉,ドイツ語では〈カッツェンムジークKatzenmusik〉,イタリア語では〈スカンパナーテscampanate〉などと呼ばれている。シャリバリの対象として最も多く見られるのは,再婚をめぐっての事例であり,男やもめと若い娘とか,若者と年齢がかけ離れた寡婦といった組合せで,しかも一方がよそ者の場合など,あつらえむきのシャリバリの対象であった。

シャリバリ【Le Charivari】

19世紀フランスで刊行された絵入り風刺新聞。1832年より93年まで続いた。すでに1830年に政治風刺の週刊誌《カリカチュールLa Caricature》を創刊していた素描家フィリポンCharles Philipon(1806‐62)によって刊行され,グランビル,ドーミエ,ガバルニ,シャムCham(1819‐79)などの優れた素描家の手で風刺漫画が描かれた。とりわけ七月王政期に,反ルイ・フィリップのキャンペーンで幾度も検閲の対象となり,二月革命(1848)の世論をつくり上げるのに貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャリバリ【charivari】

ヨーロッパの民衆的慣行の一。共同体の規範を逸脱した者に対してなされる儀礼的な制裁。若者組の成員が鍋などをたたいて音を出し、再婚した者や姦通した者をはやし立てた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のシャリバリの言及

【ドーミエ】より

…少年時代は生活のために働きながら絵や石版術を学んだ。ルイ・フィリップを洋梨になぞらえたフィリポンCharles Philipon(1804‐62)が主宰している風刺雑誌《カリカチュール》,《シャリバリ》を舞台に,シャルレNicolas Toussaint Charlet(1792‐1845),トラビエCharles‐Joseph Traviès(1804‐59),ドベリアAchille Deveria(1805‐59)らと共通する様式の石版風刺画家として声価を確立する。その契機となったのは洋梨風の国王を貪欲な巨人に見たてた《ガルガンチュア》(1830)で,このため6ヵ月の入獄と罰金が科された。…

※「シャリバリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャリバリの関連キーワードロシュフォール(Marquis de Rochefortホークス(John Hawkes)リトグラフ若者組パンチ制裁成員

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android