シャルル・ドルレアン(英語表記)Charles d'Orléans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル・ドルレアン
Charles d'Orléans

[生]1394.11.24. パリ
[没]1465.1.4. アンボアーズ
フランスの抒情詩人。シャルル6世の弟オルレアン公ルイ・ド・フランスの長子,ルイ 12世の父。オルレアン宗家の後継者として,百年戦争の時代に活躍。アザンクールの戦い (1415) でイギリス軍の捕虜となり,25年間捕われの生活をおくり,その間に亡き妻イボンヌ・ダルマニャックや故郷を思うバラードなどを作った。帰国後ブロアの城館に引きこもり,ビヨンも参加したという競詩会を催した。優雅な寓意 (アレゴリー) に満ちた技法で,特に自然な感情や不安な悲哀を巧みに表現したロンドーを多く残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャルル・ドルレアン

フランスの詩人。シャルル6世の甥(おい)。英仏百年戦争中は政争に苦しむ日々を送り,1415年にはアジャンクールの戦で捕らわれ,25年間英国で幽閉される。その間,望郷の念にかられて書いた〈牢獄の歌〉をはじめとする流麗なバラードやシャンソンは有名。帰国後は政治を離れ,文学三昧(ざんまい)の生活を送った。フランソア・ビヨンとともに中世期を代表する詩人。
→関連項目ルイ[12世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルル・ドルレアン
しゃるるどるれあん
Charles d'Orlans
(1394―1465)

フランスの詩人。バロア朝第4代のフランス国王シャルル6世の弟ルイ・ドルレアンの子。政争に巻き込まれ波瀾(はらん)万丈の青春を送る。ブルゴーニュ公の刺客に暗殺された父の復讐(ふくしゅう)を目ざし、アルマニャック派の首領としてフランスを二分して戦う。アザンクールの戦いで捕虜となり、イギリスで25年の虜囚生活を送る間、フランスをしのび『獄舎の歌』をはじめ、意中の貴女(きじょ)を歌う優雅なバラードやシャンソンを綴(つづ)る。自由の身になるや平和のための調停役を務めたが、変わり果てたフランスに幻滅を感じ、政治生活を捨て、ブロワの居城に引きこもり、「無関心(ノンシャルワール)」を旨とし、お気に入りの詩人たちに囲まれて隠遁(いんとん)生活を送る。1457年に催した詩会にはビヨンも参加した。新鮮な感覚と繊細な感情の持ち主で、完成された最後の宮廷風恋愛詩人、最後の王侯詩人として、巧みなフランス語でアレゴリーを駆使し、優雅と憂愁を込めたロンドーを完璧(かんぺき)の域に高めた。[高田 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android