シャルル6世(読み)シャルルろくせい(英語表記)Charles VI, le Bien Aimé; le Fou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル6世
シャルルろくせい
Charles VI, le Bien Aimé; le Fou

[生]1368.12.3. パリ
[没]1422.10.21. パリ
フランス王 (在位 1380~1422) 。シャルル5世の子。幼少で即位し,1388年親政を宣した。 92年4月ランカスター,ヨーク両公とアミアンで会談し,イングランド,フランス間の戦争の終結を協議した。この席上,王は初めての発作に襲われ,同年夏ついに精神に異常をきたした。以後,王族ブルゴーニュジャン (無畏公) と王弟オルレアン公ルイが政権を争い,ブルゴーニュ公がオルレアン公を暗殺した (07) のを機に,ブルゴーニュ派アルマニャック派に分れ,両家の対立は王国を2分する貴族の抗争に発展し,ブルゴーニュ派はイングランド王と結んだ。アザンクールの戦い (15) でフランス王軍がイングランド軍に敗北を喫したのち,皇太子シャルル (のちの7世) が摂政に立ったが,トロアの和約 (20) で皇太子の王位継承権は否認され,イングランド王ヘンリー6世のフランス王位相続権が宣言された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

シャルル6世

生年月日:1368年12月3日
フランス王(在位1380〜1422)
1422年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android