コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン(無畏公) ジャン[むいこう]Jean sans Peur, Duc de Bourgogne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャン(無畏公)
ジャン[むいこう]
Jean sans Peur, Duc de Bourgogne

[生]1371.5.28. ディジョン
[没]1419.9.10. モントロー
フランス,百年戦争期のブルゴーニュ公(在位 1404~19)。フランスシャルル6世の従弟。フィリップ(剛勇公)の子。直情的な人物であったので「無畏公」と呼ばれた。国王シャルル6世が精神に異常をきたして以来,王弟のオルレアン公ルイと対立し,1407年にこれを殺害した。王国の実権を握ったが,これを機に国内の貴族は北部のブルゴーニュ派と南部のアルマニャック派に分かれ,対立抗争が繰り返された。イングランド軍と結び,1415年アザンクールの戦いに勝ちパリに入城した。しかし,1419年モントローの両派の和解会談の橋上で刺殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャン(無畏公)の関連キーワード後円融天皇巨勢行忠スチュアート朝明石覚一スチュアート家鄭和プノンペン足利義満後円融天皇後光厳天皇