コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆・小笠原海溝 いずおがさわらかいこう

2件 の用語解説(伊豆・小笠原海溝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊豆・小笠原海溝【いずおがさわらかいこう】

小笠原海溝とも。伊豆・小笠原諸島の東側に沿う海溝。長さ約850km。大陸側斜面は水深4500〜5000mで急斜し階段状に落ちこむ。海溝底は約9000m以深で幅10km以下の平底。
→関連項目日本海溝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆・小笠原海溝
いずおがさわらかいこう

本州の房総半島沖から、伊豆諸島小笠原諸島の東側を、これらに並行して南に伸び、硫黄(いおう)島の東にある小笠原海台で、マリアナ海溝と隔てられた海溝。1933年にアメリカの測量艦ラマポ号により鳥島の東方で発見されたラマポ海淵(かいえん)は、1万0347メートルで、伊豆・小笠原海溝の最深部とされていたが、その後の調査では、1万メートルを超える所はないことが判明した。
 一般には、海溝は海洋プレートが大陸プレートの下へ潜り込む部分にできるが、伊豆・小笠原海溝は、その南に連なるマリアナ海溝や、ヤップ海溝とともに、太平洋プレートとよばれる海洋プレートが、フィリピン海プレートとよばれる同じく海洋プレートの下へ潜り込んでいる所にできた、特殊なものである。太平洋プレートのほうが全体的にフィリピン海プレートより重いからであると解釈されているが、重い理由は明らかでない。[安井 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆・小笠原海溝の関連キーワード小笠原国立公園小笠原諸島父島列島日本海溝小笠原小笠原大蝙蝠小笠原騒動伊豆小笠原海溝小笠原守宮小笠原宗賢

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆・小笠原海溝の関連情報