コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計グラフ とうけいグラフstatistical chart

2件 の用語解説(統計グラフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいグラフ【統計グラフ statistical chart】

統計図表ともいう。統計をとる目的は,集団全体についての特性をつかむことであり,資料をうまく分類整理して,統計表や統計グラフで表すと,全体のようすがよくわかる。統計グラフには,次に示すようにいろいろな種類があり,調査の目的や分類標識(質的分類,量的分類)により,適当に使い分けることがたいせつである。
絵グラフ棒グラフ
 質的分類にも,量的分類にも用いられ,各標識についての絶対量の大きさを比較する。絵グラフ(図1)は,その内容を写した絵の面積や同じ絵(アイソタイプ)を並べた個数によって比較するもので,一般の人にも親しみやすく展示用の図表などに多く用いられるが,書くのに手数がかかり,精密さに欠けることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

統計グラフ
とうけいぐらふ

統計資料を分類、整理した結果を図で表したもの。以下に述べるようにいろいろな種類があるが、標識の内容に応じて適当なものを選び、記述したい事柄がわかりやすく、明確に伝えられるようにくふうすることがたいせつである。
 標識が質的なもの(地名、品名など)である場合は、分類された各項目に対応する度数などをそれに比例した長さの絵や棒で表す絵グラフ、棒グラフ、対応する相対度数(比率)をそれに比例した帯の部分の長さ、円の中心角の大きさで表す帯グラフ、円グラフがそれぞれ用いられる。とくに、各地域に対応する度数などを表すため、地図の上にドットなどを記入したカルトグラムcartogram(統計地図)が用いられる。また、標識が量的なものである場合は、階級の幅を底辺とし、各階級値に対応する度数に比例した高さをもつ長方形を描くヒストグラムhistogram(柱状グラフ)、ヒストグラムで各長方形の上の辺の中点を順に結んでつくる度数折れ線などが用いられる。折れ線の両端はそれぞれ一つ手前、一つ先の階級の度数をゼロと考えて決める。度数折れ線と横軸の囲む図形を度数多角形といい、その面積はヒストグラムの面積の総和に等しい。相対度数、累積度数についてもそれぞれ相対度数折れ線、累積度数折れ線が用いられる。そのほか二つ以上の標識に関する統計グラフとして相関図や立体図表などがある。[植竹恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統計グラフの関連情報