コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンタン シャンタンshuntung

7件 の用語解説(シャンタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンタン
シャンタン
shuntung

中国の山東省で創製された絹織物の一種。本来は柞蚕糸 (さくさんし) を使った平織物であるが,これになぞらえて普通は経糸に生糸を,緯糸に玉糸か紬糸を使った織物をいう。節のあるのが特色で,光沢のあるものとないもの,薄手,厚手などさまざまある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャンタン(shantung)

縦糸に生糸、横糸に玉糸や紬紡糸(ちゅうぼうし)を用いた、つむぎ風の平織り絹地。綿・化繊でも作られ、張りと光沢があり、ドレスや夏服などに用いられる。元来は中国の山東(シャントン)で柞蚕(さくさん)糸を用いて織られた織物。山東絹。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シャンタン

絹織物の一種。中国の山東省で創製されたのでこの名があり,山東絹ともいう。本来は柞蚕(さくさん)糸を用いたが,普通は緯(よこ)糸に玉糸を用いて平織にし不規則な節を織り出す。

シャンタン

湘潭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャンタン【shantung】

絹織物の一種で,本来柞蚕(さくさん)の主産地,中国,山東省の柞蚕糸を使った平織物をいう。緯糸に節(ふし)(野蚕(やさん)のズル節や玉糸)のある糸を織り込んで,布面に不規則な節を出す。経糸に生糸を使い緯糸に節柞蚕を織ったものをもいい,後練(あとねり)織物である。現在では柞蚕と同じような緯節の織物を呼び,玉糸,絓糸(しけいと)などを使った絹織物や化合繊のものも指す。無地,プリントがあり,婦人服地,ブラウス室内装飾地に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャンタン【shantung】

よこ糸に節糸を用いたつむぎ風の平織り絹布。張りと光沢があり、春夏着に好まれる。本来は中国山東省の柞蚕さくさん絹で織られたもの。山東絹。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンタン
しゃんたん
shun tung

経糸(たていと)に柞蚕糸(さくさんし)、緯糸(よこいと)に節のある柞蚕糸を用い、織面に不規則な節を出した織物。シャンタンとは中国語の山東からきたもので、中国の山東省は柞蚕糸の産地であり、日本へ多量に輸入され、福井・岐阜地方で織物に生産されてきた。しかし現在では、柞蚕糸のかわりに、経糸に生糸、緯糸に玉糸を使ったものができ、さらに綿・化合繊のものも現れるに至った。一般に無地染め、捺染(なっせん)などの加工が施され、野趣のある風合いに仕上げられる。婦人服、ブラウス、シャツ地などに使用される。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシャンタンの言及

【玉繭】より

…したがって,玉糸を用いた織物には多様な形状のふしが浮き出た独特の外観を呈する。玉糸は和装用織物では裏絹,銘仙,洋装用織物ではシャンタン,リンシャンと呼ばれる野趣のある絹織物の素材として用いられるほか,上質な真綿の原料として使われ,それは高級な紬織物の素材として珍重されている。【小河原 貞二】。…

※「シャンタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャンタンの関連情報