コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュクシャ (common) ginger lily

2件 の用語解説(シュクシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュクシャ【(common) ginger lily】

芳香のある白い花をつけるショウガ科多年草イラスト)。分枝した地下茎から高さ1~2mの葉柄のまき重なった偽茎を出し,葉を2列に互生する。葉身は長卵形~長楕円形で有毛,長さ30~60cm。花序は茎頂から出て総状の花序をなし,緑色舟形の多数の苞につつまれる。花は約10cm近い長い花筒部を有し,広線形の花被片と白色で目だつ大きな平開する唇弁を有している。熱帯では周年,日本では夏から初秋にかけて咲く。原産地インドからインドシナ半島のどこかであろうが,現在は切花や観賞用に広く栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュクシャ
しゅくしゃ / 縮砂
wild siamese cardamom
[学]Amomum xanthioides Wall.

ショウガ科の多年草。高さ3メートルに達し、根茎は横走し、偽茎は直立する。葉は線状披針(ひしん)形で長さ15~35センチメートル、幅4~7センチメートル、全縁で無毛。偽茎から離れて花茎を出し、球形の穂状花序をつける。(さくか)は堅く、直径約2センチメートルの長卵形、褐色で表面に刺(とげ)状突起があり、内部は3室に分かれて、各室に12~16個の種子が入っている。ベトナム、ミャンマー(ビルマ)、タイ、インドネシアに分布し、栽培もされている。
 果皮を除いた種子塊を漢方では縮砂と称して薬用とする。種子はボルネオール、カンファーなどの精油を含むため、つぶすと強いにおいを発し、かむと辛味と苦味が感じられる。縮砂は健胃、鎮痛、止嘔(しおう)、止瀉(ししゃ)剤として、消化不良、腹痛、嘔吐、下痢、食中毒などの治療に用いられる。
 中国では南部に分布し、また栽培もされているA. villosum Loureiroの種子を砂仁(しゃにん)または陽春砂(ようしゅんしゃ)と称して縮砂と同様に用いる。この植物は高さ1.5メートルでシュクシャより小さいが、形態的にはよく似ている。果の中には各室に6~15個の種子をもち、香りと味はたいへんによい。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュクシャの言及

【カルダモン】より

…ショウガ科のビャクズク(白豆蒄)Amomum kepulaga Sp.et Burk.もスパイスとして使われ,英名も同じcardamonなので,しばしば本種と混同される。また近縁のシュクシャ(縮砂)A.xanthioides Wall.は漢方薬に用いる。【星川 清親】。…

【ハナシュクシャ】より

…ショウガ科シュクシャ属Hedychiumは東アジア,ニューギニア,マダガスカルに約40種を産する。根茎状の地下茎をもち,地上部はショウガに似る。…

※「シュクシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュクシャの関連情報