コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュティルナー Stirner, Max

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュティルナー
Stirner, Max

[生]1806.10.25. バイロイト
[没]1856.6.26. ベルリン
ドイツの哲学者。個人主義的無政府主義者。ヘーゲル左派に属す。本名 Johann Kaspar Schmidt。 1826~28年ベルリン大学で哲学を学び,ヘーゲルの影響を受けた。その後,短期間,エルランゲン,ケーニヒスベルクの各大学で学んだのち,ベルリンに戻り,女学校教師をつとめながら,シュティルナーの筆名で哲学的著述に励んだ。理性主義に反対して,主著『唯一者とその所有』 Der Einzige und sein Eigentum (1845) のなかで自我主義を徹底的に追究,唯一の現実は自我であり,自我こそが創造的虚無であるとし,唯一者とその自己所有の思想を説いた。彼の思想は無政府主義者たちに迎えられたほか,ニーチェの「超人」の思想にも影響を与えた。 20世紀実存主義の一つの源泉とみなされることもある。主著『反動の歴史』 Geschichte der Reaktion (1852) ,『小論集』 Max Stirners Kleinere Schriften (1898) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュティルナー(Max Stirner)

[1806~1856]ドイツの哲学者。本名、ヨハン=カスパール=シュミット(Johann Kaspar Schmidt)。ヘーゲル左派に属し、一切の外的権威を排斥して自我のみが実在であり、権威をもつとする徹底した個人主義を主張、家族・社会・国家を否定する独特の無政府主義に到達した。著「唯一者とその所有」。スチルネル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュティルナー

ドイツの哲学者。本名はシュミットJohann Kaspar Schmidt。ヘーゲル左派に属する。主著《唯一者とその所有》(1845年。辻潤による邦訳あり)で,抽象や本質ではない全的な〈人間〉たるべきことを説いて,後世のアナーキズムや実存主義に影響を与えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュティルナー【Max Stirner】

1806‐56
ヘーゲル左派に属するドイツの哲学者。本名はシュミットJohann Kaspar Schmidtで,彼のおでこ(シュティルン)が大きなことから付けられたあだ名を筆名にしたと言われる。バイロイトに生まれ,ベルリン大学でヘーゲルやシュライエルマハーの講義を聴く。彼はL.A.フォイエルバハの〈人間〉も,B.バウアーの〈自己意識〉もともに〈人間なるもの〉という抽象体にすぎないと批判し,〈唯一者〉としての〈我〉こそ,普遍化されない単独者であると説いて,その所有(自分のものにすること)を,ラディカルな文体で主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シュティルナー【Max Stirner】

1806~1856) ドイツの思想家。ヘーゲル左派。実存的個人とその生き生きとした連合とを原理とし、個人の自己性を抑圧する国家を否認した。著「唯一者とその所有」など。スチルネル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュティルナー
しゅてぃるなー
Max Stirner
(1806―1856)

ヘーゲル左派に属するドイツの哲学的文筆家。10月25日バイエルンのバイロイトに生まれる。本名ヨハン・カスパール・シュミットJohann Kaspar Schmidt。「おでこのマックス」(マックス・シュティルナー)は、あだ名でペンネーム。不遇のなか、ベルリンにおいてF・エンゲルスや急進派のブルーノ・バウアーやその弟のエドガーEdgar Bauer(1820―1886)らと交わり、1845年に主要著作『唯一者とその所有』を出版する。ここにおいて、国家・教会・神・道徳およびそれらに関する諸秩序、それに人間性という概念等は実体のない亡霊にすぎないと論断した。そして自らは、頭の中だけに存在するこれら精神の産物に煩わされることなく、自らにとって唯一無二である自分自身をみいだし、これを確固として所有し、この確固たる自分自身をのみ生きると宣言する。徹底した個人主義を説いたこの著作によって一躍名声を博す。だが、それもつかのま、1848年のドイツ三月革命とともに忘れさられて、不遇のうちに、1856年6月26日ベルリンにて世を去る。19世紀終盤以後、彼はニーチェの超人思想や実存主義等との連関においてふたたび注目されるに至る。[高山 守]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシュティルナーの言及

【エゴイズム】より

…したがってそれは異なった個性の並存という社会秩序への志向を暗に含む。これに反してエゴティズムが極端になると,M.シュティルナーが主張したように,自分自身の自我のほかに実在するものは何もなく,世界は自分のためだけに存在するにすぎない。このようにエゴティズムの極限は社会秩序への志向をまったく欠いているので,その極限の形態は個人主義と完全には重ならない。…

※「シュティルナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュティルナーの関連キーワードマルクス(Karl Heinrich Marx)ドイツ・イデオロギー青年ヘーゲル学派ラディカリズムアナキズム個人倫理独我論思想家絶対無個人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android