コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュハルト シュハルト Schuchardt, Hugo Ernst Maria

2件 の用語解説(シュハルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュハルト
シュハルト
Schuchardt, Hugo Ernst Maria

[生]1842.2.4. ゴータ
[没]1927.4.21. グラーツ
ドイツの言語学者。ハレ,グラーツ各大学教授。ロマンス語派の研究をはじめとして多くの問題に興味を示し,"Der Vokalismus des Vulgärlateins" (3巻,1866~68) をはじめ数多くの論文がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュハルト
しゅはると
Hugo Schuchart
(1842―1927)

ドイツの言語学者、ロマンス語学者。1873年からハレ大学教授を務める。青年(少壮)文法学派の初期の「音韻変化に例外はない」という仮説を激しく批判し、言語の変化における類推や個別的現象を重視する。音韻論および言語史中心の研究法に反対し、類縁関係のない言語の比較研究をも積極的に行い、ヨーロッパ語と有色人種の言語との混成語(クレオール人の言語)や人工的世界語にも興味をもつ。言語の機能の研究を重視し、通時的研究に対する共時的研究の方法論確立に寄与し、ソシュールの通時的・共時的研究に関する考え方は、両者を峻別(しゅんべつ)しすぎると批判する。理論的言語研究の実践的応用(たとえば言語教育)にも関心をもった。[在間 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュハルトの関連キーワードエヌゴータマ没・歿勃・歿・没ゴーゴー喫茶三角数ゴールトンの法則スレーター則トリゴー,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone