コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュプレヒコール 〈ドイツ〉Sprechchor

デジタル大辞泉の解説

シュプレヒコール(〈ドイツ〉Sprechchor)

舞台で、一つのせりふを多人数が声をそろえて朗誦すること。
集会やデモなどで、参加者がいっせいにスローガンを唱えること。「シュプレヒコールが起こる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シュプレヒコール【Sprechchor[ドイツ]】

(1)古代ギリシア劇などで,数人が合唱のように同時に,または交互朗読を行うこと。さらにこの形式で書かれた作品をさすこともある。この朗読(朗詠)は身ぶりを伴ってリズミカルに行われることが多く,古来,宗教的儀式演劇のなかに同様の表現形式を見ることができる。(2)デモ行進のときなどに,スローガンやモットーを一斉に大声で連呼すること。第1次世界大戦後のドイツで定着し,日本の労働運動にもとり入れられた。労働運動におけるこの表現形式は,ふたたび舞台の上に用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シュプレヒコール【Sprechchor】

詩の朗読や踊りなどを組み合わせた合唱劇。また、舞台で一団の人々が一つの台詞せりふを朗誦する表現形式。
デモ・集会などでスローガンを全員で一斉に叫ぶ示威行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュプレヒコール
しゅぷれひこーる
Sprechchorドイツ語

詩や台詞(せりふ)の一節を、一定のリズム、特定の音域や強弱のもとに、集団で叫ばせる一種の朗読形式。「合唱詩」と訳されることもある。主としてスローガンなどの短い章句を観衆に強く訴えるために用いられるが、斉唱や合唱などと違って高度の音楽的処理によらず、単純な身ぶりを伴う「声による伝達」を特色とする。この形式は、第一次世界大戦中、ドイツ革命の指導者カール・リープクネヒトが労働者による反戦デモの際に用いたのが最初とされるが、以来、演劇形式の一つとなり、ドイツ表現主義演劇、ロシア革命演劇など、おもに左翼演劇の分野において盛んに使用され、台本や戯曲のなかに取り入れられた。とくにブレヒトの一連の「教育劇」はその結実とされる。日本でも第二次大戦前の左翼演劇において流行し、戦時の農村演劇、移動演劇を経て、戦後の一時期にまで引き継がれた。「構成詩」や「群読」にも影響を及ぼしている。また、労働組合の示威行動や集団による政治スローガンのアピールなどにもよく用いられる。[大島 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュプレヒコールの関連キーワードデモンストレーションプロレタリア演劇ピスカートルコーラー大島一団踊り集会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュプレヒコールの関連情報