コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウキズイセン

2件 の用語解説(ショウキズイセンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショウキズイセン

ショウキランとも。四国〜沖縄,中国の暖地の山野にはえるヒガンバナ科多年草。庭園または切花用に栽培される。鱗茎は卵球形で黒褐色の外皮に包まれる。秋,60cm内外の花茎を直立し,頂端に5〜10花が輪生。
→関連項目ショウキラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウキズイセン
しょうきずいせん / 鍾馗水仙
[学]Lycoris traubii Hayward

ヒガンバナ科の多年草。本種のほか、キツネノカミソリシロバナヒガンバナなどはリコリスと称し、栽培される。ショウキランともいうが、腐生ランの1種に同じ名のものがある。鱗茎(りんけい)は卵球形で径5~6センチメートル、黒褐色の外皮がある。葉は線形で長さ30~60センチメートル、幅2~2.5センチメートル、花茎が枯れたあと晩秋に出て越冬し翌年の夏には枯れる。9~10月、高さ50~60センチメートルの花茎を出し、横向きに咲く鮮黄色の花を5~10個散形状につける。花被片(かひへん)は倒披針(とうひしん)形で長さ6~7センチメートル、縁(へり)は大きく波打ち、基部に鱗片状の副花冠がある。雄しべ、雌しべともに花被片より長く、上向きの弓状に曲がる。体細胞染色体数は12、13、14のものが知られているが、14のものだけが結実し、(さくか)をつくる。種子は球形、黒色で光沢がある。四国から沖縄、および中国大陸南部、台湾に分布する。シロバナヒガンバナやキツネノカミソリとの雑種も知られている。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のショウキズイセンの言及

【ヒガンバナ(彼岸花)】より

…花被はヒガンバナほど外側にそりかえらず,葉もやや幅が広い。ヒガンバナとショウキズイセンの交雑に起源したと推定されている。ショウキズイセン(別名ショウキラン)L.aurea (L’Hérit) Herb.(英名golden spider lily)は西南日本から中国,台湾,インドシナにかけて広く分布する種で,花は鮮黄色で,花被はヒガンバナよりも幅広く,ヒガンバナほど外側にそりかえらない。…

※「ショウキズイセン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ショウキズイセンの関連キーワード蔡暢ラント四国常綺羅鍾馗蘭暖地風蘭蘭省ヤマモモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone