コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウロ(松露) ショウロRhizopogon rubescens

2件 の用語解説(ショウロ(松露)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウロ(松露)
ショウロ
Rhizopogon rubescens

担子菌類腹菌目ショウロ科。春から秋にかけて,砂地のマツ林の地中に生じる。白い根状の菌糸束が地中に伸び,子実体を多数形成する。子実体は卵形ないし扁球形,径1~6cmで軟らかく弾性がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショウロ【ショウロ(松露) Rhizopogon rubescens (Tul.) Tul.】

担子菌類ショウロ科に属するキノコ。ゆがんだ球形のキノコで径1~5cm。表面ははじめは白いが,しだいに黄褐色~赤褐色に変わる。内部は白色~黄褐色~暗褐色で,迷路状に分枝した小室が散在する。やや粘質をおびた肉質で胞子は長楕円形,9~14μ×3.5~4.5μ。春と秋に海辺砂地のマツ林地上に発生し,マツと菌根を形成する。世界のマツ林に広く分布する。特有の香りがあり,歯切れもよく,古くから食用とされてきた。【古川 久彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone