コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウロ(松露) ショウロRhizopogon rubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウロ(松露)
ショウロ
Rhizopogon rubescens

担子菌類腹菌目ショウロ科。春から秋にかけて,砂地のマツ林の地中に生じる。白い根状の菌糸束が地中に伸び,子実体を多数形成する。子実体は卵形ないし扁球形,径1~6cmで軟らかく弾性がある。半地中生。地中では白色であるが空気に触れると赤みを帯びた紫色ないし褐色となる。子実体の皮殻は薄膜状で,しばしば裂け目ができる。子実体の内部は肉質,初め白色,のちに黄褐色となり,傷ついたところは赤みを帯びる。担子器はこの肉質の基本組織内に生じる迷路の内面につく。分布は本州,四国,九州,ヨーロッパ,北アメリカ,シベリアに及ぶ。日本では古名をマツホドと称し,若い子実体を食用にしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショウロ【ショウロ(松露) Rhizopogon rubescens (Tul.) Tul.】

担子菌類ショウロ科に属するキノコ。ゆがんだ球形のキノコで径1~5cm。表面ははじめは白いが,しだいに黄褐色~赤褐色に変わる。内部は白色~黄褐色~暗褐色で,迷路状に分枝した小室が散在する。やや粘質をおびた肉質で胞子は長楕円形,9~14μ×3.5~4.5μ。春と秋に海辺砂地のマツ林地上に発生し,マツと菌根を形成する。世界のマツ林に広く分布する。特有の香りがあり,歯切れもよく,古くから食用とされてきた。【古川 久彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ショウロ(松露)の関連キーワード辻堂

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android