ショウロ(読み)しょうろ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ショウロ」の解説

ショウロ
しょうろ / 松露
[学] Rhizopogon rubescens Tul.

担子菌類、ショウロ目ショウロ科の食用キノコ。地下生で、海岸の松林の砂地に浅く埋もれて発生する。キノコは扁球(へんきゅう)形から塊状で径2~4センチメートル、若いときは白色を示すが、触ると赤くなり、表面には根に似た菌糸束がまといつく。成熟すると黄褐色から暗褐色となる。内部は弾力のある白い肉質からなり、その中に微小で不規則な形をした室が無数にある。室の内面には子実層が発達して胞子をつくる。ショウロはアカマツ、クロマツの根に菌根をつくり、宿主と助け合いながら共生生活をする。本来は北半球の温帯以北に広く分布する種であるが、最近では南半球にもマツが植えられるようになったため、南半球でもショウロの仲間の発生がみられる。日本では昔から食用にされ、その香りと歯切れのよさで珍重される。調理には、和(あ)え物、煮物、揚げ物などのほか、吸い物の実などがあり、粕(かす)漬けにすると歯切れよく、美味である。若くて新鮮なショウロを米松露とか餅(もち)松露といって貴び、やや熟して黄褐色になったものを麦(むぎ)松露とか粟(あわ)松露とよぶ。なお、トリュフの名で高級料理に用いられるキノコは、セイヨウショウロ(子嚢(しのう)菌類の地下生キノコ)で、本種とはまったく別である。

[今関六也]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ショウロ」の解説

ショウロ

温帯地方に広く分布するショウロ科のキノコ。春と秋,海岸松林内の浅い土中に発生,菌根をつくる。体は1〜5cmの肉質塊状で表面は粘性があり,初め白いがのち黄褐色〜赤褐色,菌糸がまつわる。内部は細かい室に分かれ内面に担子胞子ができる。特有の香りがあり,全体がまだ白いものを米松露,後,黄褐色になったものを麦松露といい,ともに吸物などとして食用にする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典「ショウロ」の解説

ショウロ

 [Rhizopogon rubescens].松露と書く.イグチ目ショウロ科ショウロ属のキノコ.傘径は1〜3cmになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android