ショートステイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ショートステイ」の解説

ショートステイ

介護保険による居宅サービスの一つ。介護にあたる家族の病気,仕事,冠婚葬祭,旅行などのため一時的に介護が不可能な場合,要介護者が施設に短期間入所して,介護,機能訓練,医療を受ける。老人福祉施設入浴排泄・食事などの世話や機能訓練を受ける短期入所生活介護と,介護老人保健施設や介護療養型医療施設で看護や医学的管理下での介護,機能訓練,医療を受ける短期入所療養介護がある。利用者自身の心身機能の維持・向上や孤立感,疎外感の軽減,介護者の身体的・精神的負担の軽減がはかられるが,入所が長引くと高齢者の日常生活動作 ADLが低下することも指摘されている。市町村が定める在宅老人短期保護事業の実施・運営要綱に基づいて実施され,在宅重度身体障害者短期保護事業においても,短期的に更生援護施設に緊急保護するサービスがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ショートステイ」の解説

ショートステイ
しょーとすてい
short stay (service)

在宅高齢者などの介護者が病気、出産、介護疲れなどで介護できないとき、特別養護老人ホームなどにおいて老人を一時的に保護する制度。保護期間は原則として7日間。費用は飲食物実費相当額の自己負担、ただし私的理由の場合は原則として全額負担。児童養護施設などで児童短期入所事業としても行われるようになっている。知的障害者や、精神障害者のためのショートステイも事業化されており、内容は老人のものとほぼ同様である。高齢者や障害者の在宅ケアを推進するための重要な柱となっている。ミドルステイ(3週間以内)、セミロングステイ(2、3か月以内)、トワイライトステイ(夜間・休日)などバリエーションが増えつつある。

[吉川武彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ショートステイ」の解説

ショート‐ステイ(short stay)

福祉・医療サービスの一つ。児童や、自宅で介護を受けている高齢者や障害のある人が、福祉施設等に短期間入所して、養育・介護を受けること。保護者・介護者が、病気・冠婚葬祭・仕事・旅行・疲労などの理由で、一時的に養育・介護をできない場合や、本人の生活能力の維持・向上に必要な場合などに利用する。短期入所。→デイサービスデイケア
[補説]介護保険による短期入所生活介護短期入所療養介護障害福祉サービス介護給付による短期入所、市町村が子育て支援事業の一つとして行う短期入所生活援助などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ショートステイ」の解説

ショート‐ステイ

〘名〙 (short stay)
① 短い滞在。
病人を短期的に滞在させ、治療リハビリテーションを行なう社会福祉施設
③ 介護を必要とする在宅老人を短期間預かり、日常の介護者に代わって介護する社会福祉事業。日常の介護者の休養のためなどに行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android