コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラエビ Pasiphaea japonica; Japanese glass shrimp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラエビ
Pasiphaea japonica; Japanese glass shrimp

軟甲綱十脚目オキエビ科。体長 7.5cm,頭胸甲長は約 2cm。生時は半透明であるが,死ぬと乳白色となることからシラエビの名がある。地方によってはシロエビ,ベッコウエビとも呼ばれる。額角は小さなとげにすぎない。第1脚,第2脚は鋏をもち,第3脚は糸状,第4脚,第5脚は小さい。日本各地の水深 100~600mの海に産するが,駿河湾富山湾には特に多く,年間を通じて漁獲の対象とされる。年間の漁獲量は 500tほどで,生鮮食品としての利用は 10%程度,大部分が加工に回される。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シラエビ

ベッコウエビとも。甲殻類オキエビ科のエビ。体は無色透明,卵は美しい青緑色。頭胸部は短く,額角は微小である。体長は8cmに達する。第1・2胸脚はやや大きく,はさみを形成し,第3〜5胸脚は小さい。日本の各水域〜インド洋,地中海大西洋に分布し,日本近海では水深130〜600mの所で採取される。素干し,あるいは赤く染めてサクラエビ代用品として利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラエビ
しらえび / 白蝦
Japanese glass shrimp
[学]Pasiphaea japonica

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オキエビ科に属するエビ。体長7.5センチメートルに達する。体は強く側扁(そくへん)し、頭胸甲が体長の3分の1より短い。額角(がっかく)は棘(とげ)状。日本近海の水深120~620メートルに分布する深海遊泳性のエビで、富山湾で多量に漁獲される。その体色からベッコウエビともよび、食紅で染めてサクラエビの代用とする。最近まで大西洋産のパシファエア・シバドP. sivadoと同種と考えられていた。この種はホワイトグラスシュリンプwhite glass shrimpとよばれ、地中海で漁獲されている。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シラエビの関連キーワードホウネンエビ(豊年蝦)カシラエビ類カシラエビ鰓脚類甲類白蝦

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android