コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラカシ(白樫) シラカシQuercus myrsinaefolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラカシ(白樫)
シラカシ
Quercus myrsinaefolia

ブナ科の常緑高木。関東地方をはじめとする日本各地の低地や山地に自生するが,しばしば家のまわりなどにも防風林として植えられる。幹は直立し,高さ 20mに達し分枝する。葉は狭長楕円形または披針形でとがり,上半には鋸歯がある。薄い革質で上面は緑色でつやがあり,裏面は灰白色。雌雄同株で4月頃開花する。黄褐色雄花を多数つけた尾状花序は前年の枝に垂れ下がり,雌花穂は新枝の葉腋に直立する。堅果はいわゆるどんぐり広楕円形で長さ 1.5cm,下半部につく殻斗 (かくと) は浅く外面に6~8層の横輪がある。材が白いためこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シラカシ(白樫)の関連キーワードカシ(樫)ブナ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android