コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラノドベルジュラック Cyrano de Bergerac

デジタル大辞泉の解説

シラノ‐ド‐ベルジュラック(Cyrano de Bergerac)

[1619~1655]フランスの小説家・劇作家・自由思想家。軍人として勇名を馳せたが負傷して退役、文筆生活に入った。その生涯はロスタン作の戯曲によって伝説化された。小説「月世界旅行記」、喜劇「衒学(げんがく)者愚弄」など。
ロスタン戯曲。5幕。1897年初演。をモデルにした大鼻で醜男の剣客シラノの、従妹ロクサーヌへの悲恋を描いたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

シラノドベルジュラック【Cyrano de Bergerac】

○1619~1655) フランスの小説家・劇作家。若い時は勇敢な軍人であったが、哲学を学んでのち、宗教・慣習から自由なリベルタンとして暮らす。空想科学小説の先駆。ロスタンの戯曲によりその生涯は伝説化された。小説「日月両世界旅行記」「太陽世界旅行記」、戯曲「アグリピーヌの死」など。
ロスタンの韻文戯曲。五幕。1897年初演。鼻が巨大で醜い剣客シラノの、従妹ロクサーヌに対する悲恋物語。翻案「白野弁十郎」も名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

シラノドベルジュラックの関連キーワードリベルタン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シラノドベルジュラックの関連情報