コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロダモ シロダモ Neolitsea sericea

3件 の用語解説(シロダモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロダモ
シロダモ
Neolitsea sericea

クスノキ科の常緑高木。アジア東部の暖帯から温帯に分布し,日本では本州以南の山地低部から平地にかけて自生する。枝を多く出し,小枝は緑色で光沢がある。葉は楕円形で表面に光沢があり,3本の葉脈が目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シロダモ【Neolitsea sericea (Bl.) Koidz.】

クスノキ科の常緑高木で,高さ15m,直径50cmに達するが,一般にはもっと小さい(イラスト)。葉は長さ2~3cmの葉柄をもって互生し,葉身は長さ8~17cm,幅4~7cmの長楕円形,革質,全縁で,3本の主脈が目だつ。葉の表は緑色,裏面は白色を示す。若葉は下に垂れるのが特徴的で,銀黄色の長毛があるが,のちに無毛となる。雌雄異株。花は黄褐色の小花で,10月ころ葉腋(ようえき)に群生して咲く。果実は長さ12~15mmの楕円球形の液果で,翌年の秋に赤熟するので,花と果実が同時にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロダモ
しろだも
[学]Neolitsea sericea (Bl.) Koidz.

クスノキ科の常緑高木で高さ15メートルに達する。幹は紫褐色、枝は緑色。葉は楕円(だえん)形、長さ8~18センチメートル、3脈が目だち、表面は緑色で裏面は白色。雌雄異株。花は10~11月、葉腋(ようえき)から出た散形花序につき、淡黄色。果実は液果で楕円形、赤く熟す。東北地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄に分布し、暖地の山野に生え、海岸に近い所に多い。朝鮮半島、中国にも分布する。タモ(語源は不明)はこの種の仲間の総称で、葉の裏が白いためこの名がある。材を器具材などに利用し、種子からろうそく用のろうをとる(ツヅろうという)。シロダモ属は東・南アジアに80種ほどある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロダモの関連キーワードタブノキ糸杉常磐柿鼠子ばりばりの木台湾檜紅檜カゴノキ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロダモの関連情報