コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロダモ Neolitsea sericea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロダモ
Neolitsea sericea

クスノキ科の常緑高木。アジア東部の暖帯から温帯に分布し,日本では本州以南の山地低部から平地にかけて自生する。枝を多く出し,小枝は緑色で光沢がある。葉は楕円形で表面に光沢があり,3本の葉脈が目立つ。裏面は白色を帯びる。精油を含み,葉をもむと香りがある。秋に,枝の先の葉腋黄褐色小花を群生する。花被片は4枚,おしべ8本で,雌雄異株である。果実楕円体で,花が咲いた翌年の秋に赤色に熟する。防風林として栽植され,幹の材は建築や器具材として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロダモ【Neolitsea sericea (Bl.) Koidz.】

クスノキ科の常緑高木で,高さ15m,直径50cmに達するが,一般にはもっと小さい(イラスト)。葉は長さ2~3cmの葉柄をもって互生し,葉身は長さ8~17cm,幅4~7cmの長楕円形,革質,全縁で,3本の主脈が目だつ。葉の表は緑色,裏面は白色を示す。若葉は下に垂れるのが特徴的で,銀黄色の長毛があるが,のちに無毛となる。雌雄異株。花は黄褐色の小花で,10月ころ葉腋(ようえき)に群生して咲く。果実は長さ12~15mmの楕円球形の液果で,翌年の秋に赤熟するので,花と果実が同時にみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロダモ
しろだも
[学]Neolitsea sericea (Bl.) Koidz.

クスノキ科の常緑高木で高さ15メートルに達する。幹は紫褐色、枝は緑色。葉は楕円(だえん)形、長さ8~18センチメートル、3脈が目だち、表面は緑色で裏面は白色。雌雄異株。花は10~11月、葉腋(ようえき)から出た散形花序につき、淡黄色。果実は液果で楕円形、赤く熟す。東北地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄に分布し、暖地の山野に生え、海岸に近い所に多い。朝鮮半島、中国にも分布する。タモ(語源は不明)はこの種の仲間の総称で、葉の裏が白いためこの名がある。材を器具材などに利用し、種子からろうそく用のろうをとる(ツヅろうという)。シロダモ属は東・南アジアに80種ほどある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロダモの関連キーワードクスノキ科イヌガシ散形花序青条揚羽中生植物江の島白たぶ遷移朝鮮真籠油木裏白葉長

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android