コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区 シンチヤンウイグルXinjiang Uygur Zizhiqu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)〔自治区〕
シンチヤンウイグル
Xinjiang Uygur Zizhiqu

略称はシン (新) 。中国,西北地方の1級行政区。3特別市,8地区,5自治州に分れ,13市,66県,5自治県から成る。行政中心地はウルムチ (烏魯木斉) 特別市。 1884年清の新疆省となり,1955年自治区となった。アジア大陸のほぼ中央にあり,アルタイ山脈,カラコルム山脈,クンルン (崑崙) 山脈,アルトゥン (阿爾金) 山脈などに囲まれる。中央にテンシャン (天山) 山脈の東半が延びて,省を北部のジュンガル (準 噶爾) 盆地と南部のタリム (塔里木) 盆地に分ける。ジュンガル盆地は比較的湿潤な西風によって固定あるいは半固定の砂丘とステップから成っている。タリム盆地の大部分は移動性砂丘の多いタクラマカン (塔克拉瑪干) 砂漠である。ほぼ全域が内陸河川の流域である。高山の雪どけ水が山麓で伏流となり,扇状地末端で湧出してオアシスを形成したのち,砂漠に入って涸れ川となる。オアシスや井戸の周辺では農業が行われる。食糧作物はコムギ,トウモロコシ,工芸作物ではワタ,アブラナ,ゴマ,テンサイがあり,果樹栽培も盛んである。テンシャン山脈のふもとにあるトゥルファン (吐魯番) 盆地はブドウ,メロンと長繊維のワタの産地。南西部のホータン (和田) 県,ヤールカンド (葉爾羌) 県一帯は養蚕が盛ん。牧畜はヒツジ,ヤギを主に,ウマ,ウシ,ラクダも飼育。イリ (伊犁) 馬,バルクル (巴里坤) 馬,ターチョン (塔城) 牛,細毛羊など多くの優良種がある。テンシャン山脈は石炭,鉄,アルタイ山脈は金などの非鉄金属に富む。ジュンガル盆地には石油の大鉱床があって,カラマイ (克拉瑪依) 市を中心に採掘されている。工業では鉄鋼,石油製精,冶金,機械,綿紡織,絹紡織,皮革,製糖,製紙などがある。主要都市はウルムチ市のほか,イリ盆地の中心であるクルジャ (固爾札) 市,南西部の広いオアシスに立地するカシュガル (喀什 噶爾) 市,自治区の出入口にあたる交通の要衝クムル市などがあげられる。ランシン (蘭新) 鉄道がウルムチ市まで乗入れており,トゥルファン県から分岐するナンチヤン (南疆) 鉄道がカシュガル市まで延びている。人口の 45%をウイグル族,42%を漢族が占め,ほかにカザフ族,モンゴル族,タジク族,シボ族などが住む。面積 164万 7000km2。人口 1515万 5778 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区の関連キーワードチャンチー(昌吉)ホイ(回)族自治州タクラマカン(塔克拉瑪干)砂漠シーホーツー(石河子)特別市トゥルファン(吐魯番)地区カラマイ(克拉瑪依)特別市アルトゥシュ(阿図什)市エビノール(艾比諾爾)湖チェルチェン(車爾臣)川カシュガル(喀什噶爾)川トゥルファン(吐魯番)市アルトゥン(阿爾金)山脈ムズタグ(木孜塔格)山ペイシャン(北山)山地ロプノール(羅布泊)湖ブルチン(布爾津)県ボグダ(博格達)山脈ランシン(蘭新)鉄道クイトゥン(奎屯)市コルラ(庫爾勒)市カシュガル・ハン国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android