コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンハラ語 シンハラごSinhalese language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンハラ語
シンハラご
Sinhalese language

スリランカの南半分で話されている言語。インド=ヨーロッパ語族インド語派に属する。話し手 1000万人以上。前5世紀にベンガルからの移民によってセイロン島にもたらされ,以後独自の発達をとげた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シンハラ語【シンハラご】

インド・ヨーロッパ語族のインド語派に属する近代インド語の一つ。主としてスリランカ島でシンハラ人を中心に約1700万人によって話される。この島は元来ドラビダ語(ドラビダ語族)の領域で,現在も北部ではタミル語が用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シンハラご【シンハラ語】

インド-ヨーロッパ語族インド語派に属す言語。サンスクリットに近い。スリランカの公用語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシンハラ語の言及

【インド語派】より

…近代インド・アーリヤ語は南部のドラビダ語族とともにこの大陸の北部全域を占め,多くの言語に分かれている。そのおもなものとしては,インドの公用語ヒンディー語,パキスタンのウルドゥー語のほか,中央にパンジャービー,ラージャスターニー,グジャラーティー,北にパハーリー,西北にラフンダー,シンディー,カシミーリーの各言語,南にマラーティー語,東にオリヤー,ビハーリー,ベンガリー(ベンガル語),アッサムの各言語,それにセイロン島にシンハラ語がある。なおこのほかに現在ヨーロッパにも分散して居住するジプシーの言語は,インド語派の流れをくむものである。…

【スリランカ】より

…正式名称=スリランカ民主社会主義共和国The Democratic Socialist Republic of Sri Lanka面積=6万5610km2人口(1996)=1831万人首都=スリ・ジャヤワルダナプラ・コーッテSri Jayawardanepura Kotte(日本との時差=-3.5時間)主要言語=シンハラ語,タミル語通貨=スリランカ・ルピーSri Lanka Rupeeインド亜大陸の南東端の海上に位置する,セイヨウナシの形をした島国である。英領時代には,外国ではセイロンとして知られていた。…

※「シンハラ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シンハラ語の関連キーワードG.P. マララセーカラインド・アーリア系諸語コロンボ(スリランカ)アダムズ・ピーク[山]ウイルヘルム ガイガーインド・ヨーロッパ語族パラクラマサムドラスリランカ自由党スリランカの要覧バンダラナイケサンスクリットラトナプーララトゥナプラキャンディタミル紛争シンハラ人シンハラ族にしゃんた与古田千晃パーリ語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android