コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェミエ ジェミエGémier, Firmin

3件 の用語解説(ジェミエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェミエ
ジェミエ
Gémier, Firmin

[生]1869.2.21. オベルビリエ
[没]1933.11.26. パリ
フランスの俳優,演出家。貧しい商家に生れ,1887年自由劇場で端役として初舞台を踏んだ。 88~90年ベルビル劇場に出演,92年あらためて自由劇場に加わり,96年制作座で『ユビュ王』を初演,ルネサンス座,アントアーヌ座で『アンナ・カレーニナ』『ベニスの商人』などを演じ大当りをとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェミエ【Firmin Gémier】

1869‐1933
フランスの俳優,演出家。場末の劇場での修業の後,1891年に自由劇場に加わり《ブーブロッシュ》のアンドレ役などで成功し,オデオン座に招かれる一方,制作座で《ユビュ王》(1896)を演じたのをはじめとして,第1次大戦前にシェークスピアから現代劇までの約200の役をこなして芸域の広さと奔放な演技で名声を得る。この間,1907年から14年までアントアーヌ座を主宰し,11年には37台の貨車によって劇場ごと移動する〈国立巡業劇団〉を結成して,演劇の地方分散に先鞭をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェミエ
じぇみえ
Firmin Gmier
(1869―1933)

フランスの俳優、演出家。アントアーヌ、リュネ・ポーと並ぶ、第一次世界大戦前のフランス近代劇史における三巨頭の一人。オーベルビリエに生まれ、早くから俳優を志す。1887年アントアーヌに紹介され自由劇場で端役をつとめるが、92年から正式に参加、96年に制作座でジャリの『ユビュ王』を演じ、名声を得た。ロマン・ロランに影響された彼は、演劇に社会的な広がり、民衆の祭典を夢みて、移動劇場を実現し、演出上の刷新も図った。1920~33年はTNP(テーエヌペー)(国立民衆劇場)の初代監督、同時に21~30年はオデオン座の芸術監督を務め、世界演劇協会を設立するなど、広い視野で演劇活動を展開した。[加藤新吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジェミエの言及

【国立民衆劇場】より

…略称TNP。初代の責任者はジェミエFirmin Gémier(1865‐1933)。しかし,彼の存命中も死後もほとんど有名無実で,この劇場と劇団がその名にふさわしい活動を始めたのは51年,J.ビラールが新統率者に任命されて以来のことである。…

※「ジェミエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェミエの関連キーワード藩学一覧女性参政権実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人デ・ロング松平容大実業之日本地方巡察使

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone