ジフェンヒドラミン(英語表記)diphenhydramin

  • diphenhydramine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エタノールアミン型の抗ヒスタミン剤の一つ。ヒスタミンと効果器の H1 受容体を競合拮抗するので,H1 遮断剤ともいわれる。臨床的にはじんま疹,夜間 瘙痒症,アレルギー性疾患,加速度病,感冒などに用いられる。薬理作用は H1 受容体遮断作用,中枢神経の一般的抑制による鎮静,傾,制吐,抗パーキンソン作用などを示す。副作用としては中枢神経系抑制 (ねむけ,倦怠感,めまい,耳鳴り,運動の協調不全,複視) ,消化器障害 (食欲不振,吐き気,嘔吐,便秘,下痢など) ,アレルギー反応 (皮膚炎,白血球減少など) がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

化学式はC17H21ON。1945年開発の抗ヒスタミン薬。塩酸塩は白色結晶または結晶性粉末,苦味無臭。レスタミン,ベナ等の商品名で市販されており,蕁麻疹(じんましん),薬疹や皮膚【そう】痒(そうよう)症,乗物酔い等に適用。軽度の鎮静・催眠作用があるので,外出時の投与は注意を要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版の解説

2-diphenylmethoxy-N,N-dime-thylmethanamine.C17H21NO(255.35).ジフェニルメチルブロミドとN,N-ジメチルエタノールアミンとの反応で得られる.特異な臭いをもつ黄色の液体.沸点150~160 ℃(266 Pa).塩酸塩は分解点166 ℃.水,エタノールに可溶.光で徐々に分解する.じんましん,掻痒(そうよう),虫刺されなどに対する抗ヒスタミン剤として使用される.LD50 500 mg/kg(ラット,経口).[CAS 58-73-1]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android