コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムヌラ Echinosorex gymnura; common gymnure; moonrat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジムヌラ
Echinosorex gymnura; common gymnure; moonrat

食虫目ハリネズミ科。ナミハリネズミ近縁であるが,体には針状の毛がなく,外形はむしろジネズミに似る。体長 27~35cm,尾長 21cm。吻は長くとがり,耳介は小さい。体上面の前半は茶を帯びた白色,後半は黒色で,眼から頭頂にかけて黒色帯がある。熱帯雨林にすみ,日中は大木の下や石の下などにひそみ,夜間地上に現れてシロアリゴキブリなどの昆虫類を食べる。タイからマレー半島スマトラ島ボルネオ島に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジムヌラ【gymnura】

マレー半島,ボルネオスマトラにすむ食虫目ハリネズミ科の哺乳類。一見ネズミに似るが,鼻(吻(ふん))がとがり,目は小さく,荒い長毛に覆われている。黒色の地に,頭,肩に白斑がある。目の周囲の毛は黒色。長い尾はほとんど無毛で,うろこが見え,先半分ないし1/3は白色。食虫類としては最大の種の一つで,体長26~46cm,尾長16.5~30cmある。体重0.5~2kg。森林,マングローブ林,ゴム園,耕地などの水辺近くに好んですみ,木の洞,岩の隙間などに巣をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジムヌラ
じむぬら
gymnuramoonrat
[学]Echinosorex gymnurus

哺乳(ほにゅう)綱食虫目ハリネズミ科の動物。マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島に分布する。頭胴長26~45センチメートル、尾長20~24センチメートルで、最大の食虫類。赤道付近のものがもっとも大形である。体は横幅が狭く、尾は毛が少なく、鱗(うろこ)で覆われている。毛は柔らかい下毛と長くて粗い上毛からなる。耳は小さい。口は大きく、その周辺とのどおよび額が白く、目先から頭頂、背にかけて黒線がある。そのほかの部分は暗色。歯式は

で44本。熱帯雨林や耕地周辺にすみ、自分で穴を掘ることはなく、日中は物陰に隠れていて、夜活動する。カエル、魚、カニ、貝、昆虫などを食べる。体に悪臭がある。年じゅう繁殖可能で1産平均2子である。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジムヌラの関連キーワード阿部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android