コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムヌラ ジムヌラ Echinosorex gymnura; common gymnure; moonrat

3件 の用語解説(ジムヌラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジムヌラ
ジムヌラ
Echinosorex gymnura; common gymnure; moonrat

食虫目ハリネズミ科。ナミハリネズミに近縁であるが,体には針状の毛がなく,外形はむしろジネズミに似る。体長 27~35cm,尾長 21cm。吻は長くとがり,耳介は小さい。体上面の前半は茶を帯びた白色,後半は黒色で,眼から頭頂にかけて黒色帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジムヌラ【gymnura】

マレー半島,ボルネオスマトラにすむ食虫目ハリネズミ科の哺乳類。一見ネズミに似るが,鼻(吻(ふん))がとがり,目は小さく,荒い長毛に覆われている。黒色の地に,頭,肩に白斑がある。目の周囲の毛は黒色。長い尾はほとんど無毛で,うろこが見え,先半分ないし1/3は白色。食虫類としては最大の種の一つで,体長26~46cm,尾長16.5~30cmある。体重0.5~2kg。森林,マングローブ林,ゴム園,耕地などの水辺近くに好んですみ,木の洞,岩の隙間などに巣をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジムヌラ
じむぬら
gymnuramoonrat
[学]Echinosorex gymnurus

哺乳(ほにゅう)綱食虫目ハリネズミ科の動物。マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島に分布する。頭胴長26~45センチメートル、尾長20~24センチメートルで、最大の食虫類。赤道付近のものがもっとも大形である。体は横幅が狭く、尾は毛が少なく、鱗(うろこ)で覆われている。毛は柔らかい下毛と長くて粗い上毛からなる。耳は小さい。口は大きく、その周辺とのどおよび額が白く、目先から頭頂、背にかけて黒線がある。そのほかの部分は暗色。歯式は

で44本。熱帯雨林や耕地周辺にすみ、自分で穴を掘ることはなく、日中は物陰に隠れていて、夜活動する。カエル、魚、カニ、貝、昆虫などを食べる。体に悪臭がある。年じゅう繁殖可能で1産平均2子である。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジムヌラの関連キーワードヒヨケザルボルネオ島マレーグママレー熊スマトラ犀ボルネオ象スンダランドコクジャク(小孔雀)ブタオザル(豚尾猿)ヘミガルス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone