コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャガタラお春 ジャガタラおはるJeronima Marina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャガタラお春
ジャガタラおはる
Jeronima Marina

[生]1624. 長崎
[没]1697. バタビア(現ジャカルタ)
江戸時代の女性。「ぜらうにま」の自署がある。父はイタリア人舵手の N.マリン,母は長崎の日本人マリア。鎖国のため 1639年母と姉と姉の息子とともに 15歳でバタビア (ジャカトラ) に追放されたが,46年には東インド会社社員で平戸生れの混血オランダ人 S.シモンセンと結婚し,4男3女をもうけた。夫は事務員補から次第に昇進して,税関長,中国人遺産管理委員,孤児財産管理委員を歴任後,独立して市民となり,貿易業を営み,教会の長老をもつとめた。 72年夫の病死後もその遺産で裕福に暮し 92年5月 17日と 97年3月 20日に遺言状をしたため,97年4月 25日以前に死んだ。長崎の叔父にあてた手紙の写しが今も残るが,『長崎夜話草』に載るお春のジャガタラ文はその著者西川如見の創作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジャガタラお春 ジャガタラ-おはる

1626-1697 江戸時代前期の女性。
寛永3年生まれ。父はイタリア人航海士。寛永の鎖国により,寛永16年母,姉とともにジャガタラ(ジャカルタ)に追放される。オランダ人と結婚し,7子をもうけたという。日本におくったとされる「ジャガタラ文」が西川如見(じょけん)の「長崎夜話艸(やわそう)」にみえるが,これは如見の創作ともいう。元禄(げんろく)10年死去。72歳。肥前長崎出身。
【格言など】日本恋しや,行かしや,見たや見たや見たや(「長崎夜話艸」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ジャガタラお春

没年:元禄10(1697)
生年:寛永2(1625)
江戸前期,鎖国によってジャガタラ(ジャカルタ)へ追放された,長崎生まれの混血女性。お春は父イタリア人航海士ニコラス・マリンと日本人の母マリアとの娘で,洗礼名はジェロニマ。寛永13(1636)年に江戸幕府はキリシタン取り締まり強化のため,ポルトガル人およびその妻子287人をマカオへ追放した。さらに島原の乱後の同16年イギリス人,オランダ人などと結婚した日本人およびその混血児ら32人を追放した。その中に15歳のお春や母,姉もいた。6年後,21歳のお春は平戸生まれのオランダ人シモン・シモンセンと結婚。東インド会社の事務員補であったシモンセンは,のちに税関長へと昇進し,同社の外交折衝においても活躍した。公職引退後は手広く貿易業を営み,奴隷を多数使って裕福な生活を送った。お春との間に4男3女をもうけ,そのうち3人は早世した。一家は本国オランダへの召還命令を受けたこともあったが,日本人の血統であることから引き続き居住することを許された。1672(寛文12)年5月夫の死後,お春は高額な遺産を相続し,残された家族と共に,経済的には何不自由のない生活を送った。1692(元禄5)年5月17日にお春は遺言状を書き,若くして未亡人になった娘マリアや孫達に遺産を分配し,自らの手で「ぜらうにま しるし」と日本の仮名で署名した。 お春は「千はやぶる神無月とよ」で始まり「あら日本恋しや,ゆかしや,見たや」というジャガタラ文(鎖国下,ジャガタラへ追放された人々が母国へ宛てた手紙)によって,江戸時代から今日に至るまで,悲劇のヒロインとして知られ,短歌や流行歌にも歌われている。しかしお春のジャガタラ文は,長崎の文人西川如見による創作といわれ,史実のお春との間には大きな落差がある。<参考文献>西川如見『長崎夜話草』,『長崎市史―通交貿易篇西洋諸国部』,岩生成一『朱印船と日本町』,同『日本の歴史』14

(岸野久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャガタラおはる【ジャガタラお春】

1624‐97(寛永1‐元禄10)
イタリア人の航海士ニコラス・マリンと日本人のマリアの娘で,1639年15歳のとき,母,姉,甥とともにジャガタラ(ジャカルタ)に追放された。21歳で平戸生れのシモン・シモンセンと結婚。7人の子供が生まれ,夫が東インド会社で昇進し,後に独立して貿易を営んだため豊かな生活を送った。西川如見《長崎夜話草》に,お春のジャガタラ文を,如見が潤色して収めたので有名になった。【永積 洋子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジャガタラお春の関連キーワード吉田 朝日バタビア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android