ジャガ芋(読み)ジャガいも

精選版 日本国語大辞典「ジャガ芋」の解説

ジャガ‐いも【ジャガ芋】

〘名〙 (「ジャガタラいも」の略) ナス科の多年草。南アメリカの高地で栽培される原種からヨーロッパで作り出された代表的な栽培作物。温帯を中心に世界中で広く栽培されている。日本には慶長三年(一五九八)オランダ船がジャカトラ(現在のジャカルタ)から伝えたもの。はじめ観賞用に栽培されていたが、明治七年(一八七四)北アメリカから優良種が輸入され、作物としての栽培が増した。茎は高さ六〇~一〇〇センチメートル。全体に短毛を生じ、地下茎は変形肥大して塊状となる。葉は長い柄をもち羽状複葉で、五~九個の小葉からなる。各小葉は卵形または長楕円形。夏、葉腋(ようえき)から花枝を出し、白または淡紫色で先が五裂した小さな花をつける。まれに実って、径一~二センチメートルの球形の果実を結ぶ。塊茎は食用。漢名は陽・洋芋。中国産の別種の名の馬鈴薯を当てることもある。ジャガタラいも。オランダいも。ごしょいも。はっしょういも。《季・秋》
▼ジャガいもの花《季・春》
[語誌]→「ばれいしょ(馬鈴薯)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジャガ芋」の解説

ジャガ‐いも【ジャガ芋】

《「ジャガタラ芋」の略》ナス科の多年草。高さ60センチ〜1メートル。6月ごろ、白色や淡紫色の花を開く。地下茎は肥大していくつもの塊状となり、良質のでんぷんに富み、食用。アンデス山脈原産。日本へはジャカルタから渡来。琉球芋。馬鈴薯ばれいしょ 秋》「かなしくて—を掘りさざめくも/波郷
[類語]里芋八頭薩摩芋甘藷馬鈴薯山芋山の芋長芋自然薯親芋種芋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android