千葉大学(読み)ちばだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千葉大学
ちばだいがく

国立大学。千葉医科大学(付属医学専門部,薬学専門部を含む),千葉師範学校,千葉青年師範学校,東京工業専門学校,千葉農業専門学校を統合して,1949年に学芸学部,医学部,薬学部,工芸学部,園芸学部の 5学部からなる新制大学として発足。数次にわたる学部の改組,増設を経て,文学部,教育学部,法政経学部,理学部,医学部,薬学部,看護学部,工学部,園芸学部,国際教養学部の 10学部を置く。1955年大学院を設置。真菌医学研究センター,環境リモートセンシング研究センター,海洋バイオシステム研究センターなどを併設。本部所在地は千葉県千葉市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちば‐だいがく【千葉大学】

千葉市に本部のある国立大学法人。千葉医科大学・東京医科歯科大学予科・千葉師範学校・東京高等工芸学校・千葉高等園芸学校などを統合し、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

千葉大学【ちばだいがく】

千葉市に本部を置く国立大学。千葉医大,同付属薬専(ともに1923年創立),東京工専(1921年),千葉農専(1929年),千葉師範(1943年),同青年師範(1944年),東京医科歯科大予科(1946年)等を統合,1949年新制大学として発足。2004年4月より国立大学法人へ移行。文,法経,教育,理,医,薬,看護,工,園芸の各学部(2012年4月現在)。
→関連項目稲毛[区]多木浩二

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちばだいがく【千葉大学】

国立大学の一。千葉医科大学を中心に、付属医専・付属薬専・千葉農専・東京工専・師範系学校などが合併し、1949年(昭和24)新制大学となる。翌年、東京医科歯科大学予科を吸収。本部は千葉市稲毛区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千葉大学
ちばだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)東京高等工芸学校、千葉医科大学、同医学専門部、同薬学専門部、千葉高等園芸学校、千葉師範学校、千葉青年師範学校、東京医科歯科大学予科を統合して新制の国立大学となった。発足当初は5学部(学芸学、医学、薬学、工芸学、園芸学)であったが、その後学部の増設・改組が行われ、2010年(平成22)時点で、9学部(文学、教育学、法経学、理学、医学、薬学、看護学、工学、園芸学)に、大学院は教育学、理学、看護学、工学、園芸学、人文社会科学、融合科学、専門法務の8研究科、医学、薬学の2研究院および医学薬学府を擁する総合大学に発展している。1996年(平成8)に東京学芸大学に設置された大学院連合学校教育学研究科に参加している。これは4大学(千葉大学、東京学芸大学、埼玉大学、横浜国立大学)連合により設置された後期3年のみの博士課程の研究科で、各大学の教育学部(横浜国立大学は教育人間科学部)および教育学研究科(修士課程)を基盤として編成されているが、それぞれの研究科とは独立している。附属研究施設に環境リモートセンシング研究センター、海洋バイオシステム研究センター、バイオメディカル研究センターなどがある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は千葉県千葉市稲毛区弥生町(やよいちょう)1-33。[馬越 徹]
『千葉大学編・刊『千葉大学五十年史』(1999)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

千葉大学

[国立、千葉県千葉市稲毛区
[設置者]国立大学法人 千葉大学
[沿革・歴史]1949(昭和24)年、千葉医科大学・千葉医科大学附属医学専門部・千葉医科大学附属薬学専門部・千葉師範学校・千葉青年師範学校・東京工業専門学校・千葉農業専門学校を統合し、千葉大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人千葉大学となる。
[キャンパス]西千葉キャンパス(千葉市稲毛区)/亥鼻キャンパス(千葉市中央区)/松戸キャンパス(松戸市)/柏の葉キャンパス(柏市)
[マーク類]1949(昭和24)年、学内公募でバッジ(シンボルマーク)を制定。「Chiba Daigaku」の頭文字「C」と「D」を組み合わせ、千葉大学の「千」をそのなかにあしらったもの。デザインは、故・赤穴宏氏(元・千葉大学名誉教授)による。2007(平成19)年12月、商標登録済(第5096787号)。そのほか、2009(平成21)年の創立60周年記念として創立60周年記念ロゴマークもつくられた。「60」を無限大のかたちに見立てて、末永く発展するよう願いが込められている。デザインは、宮崎紀郎氏(元・工学部デザイン工学科教授)によるもの。
[ブランド一覧]
ジャム | 千葉大学ピーナッツサブレー | ピーナッツせんべい | 千葉大学グッズ
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

千葉大学の関連情報